Amazon輸出

Amazon輸出 カテゴリー申請

amazon.jpでの出品規制カテゴリー

 

amazon.jpで出品する際、
すでにAmazonカタログに登録がされている商品でも
商品の種類により、出品することが出来ない商品があります。
以下のカテゴリーに該当する商品は
出品許可申請が必要になります。

 

  • ヘルス&ビューティー
  • 時計
  • 服&ファッション小物
  • ジュエリー
  • シューズ&バッグ
  • 食品&飲料
  • コスメ
  • ペット用品

 

食品&飲料につきましては
食品衛生法により個人での出品が禁止されています。

また、コスメにつきましてもamazonの規約で
並行輸入品の取り扱いが禁止されています。

よって、個人の方は他の6カテゴリーについて申請が可能です。

 

一度出品許可を受けることにより、
その許可を受けたカテゴリーについて
今後もずっと出品可能となります。

 

 

amazon.comでの出品規制カテゴリー

l_116047

 

 

amazon.comへ出品する際にも
同様に出品許可申請が必要なカテゴリーがあります。
以下のカテゴリーに該当する商品は
すべて出品許可申請が必要になります。

 

  • Automotive Parts
    (自動車部品)
  • Clothing, Accessories & Luggage
    (服、アクセサリー、カバン)
  • Collectible Books
    (コレクター向け書籍)
  • Entertainment Collectibles
    (コレクター向けエンタメ商品)
  • Gift Cards
    (ギフトカード)
  • Industrial & Scientific
    (産業・科学関係)
  • Jewelry
    (ジュエリー)
  • Motorcycle & ATV
    (バイク、4輪バギー)
  • Sexual Wellness
    (アダルト)
  • Shoes, Handbags & Sunglasses
    (靴、ハンドバッグ、サングラス)
  • Sports Collectibles
    (コレクター向けスポーツ用品)
  • watch
    (時計)

カテゴリーにより審査基準が異なるため一概にはいえませんが、
基本的に申請は難しくありません。

 

seller Centralへログイン後、 Contact Seller Support をクリックし申請することができます。

 

英語ということもあり壁を高く感じ、
amazon.comでのカテゴリー申請に手を出さない方は多いです。

このため、amazon.comでのカテゴリー申請し販路を広げることで
ライバルとの差を広げるチャンスになります。

Amazon輸出でのカテゴリー申請について検討する価値はあると思いますので
壁を高く感じて手をだしていない方は、是非一度検討してみてください。

関連記事

  1. Amazon輸出の出品登録までの5つの手順

  2. seek

    Amazon輸入転売での商品の選び方【モノレートを活用】

  3. Amazon出品者低評価の削除の仕方について

  4. Amazon輸出の商品のリサーチ方法

  5. Amazon大口出品と小口出品について

  6. 輸出と消費税の還付 自ら課税事業者になる際の2つの注意点 

PAGE TOP