Amazonツール

価格比較ツール

Amazon価格比較ツールについて

Amaconでは価格比較ツールを輸入版、輸出版と2種類提供しています。

どちらも100名限定提供なので
提供していない時期もありますがご了承ください。

価格比較ツール輸入版では日本を軸に商品の価格比較を行えます。

日本とアメリカの商品の差異、日本とイギリスの商品の差異などを
対象国を切り替えて行うことができます。

開発段階で日本とそれ以外の国の商品の差異を一斉に抽出する仕様も作成しましたが
抽出スピードが落ちるのと実際の輸入ビジネスの形式に沿っていないことから
その形での商品化は行いませんでした。

実際の輸入ビジネスの形式に沿っていない、
とはどういうことかと言いますと
仮に日本の商品と価格差がある4種類の商品を
アメリカやイギリス、カナダ、イタリアでそれぞれ見つけたとします。

スピードを犠牲に一斉比較できるようにした
ツールでは、このように世界中から
同時に価格差のある商品を見つけ出すことができます、
と謳っているものがありますが本当に輸入ビジネスで結果を出している方はそもそも対象国を絞っています。

なぜなら先ほどの例で4種類の
商品を4カ国からそれぞれ輸入するとなると次のような問題が生じるからです。

  1. 手間が増える
  2. 4種類の商品を1カ国から輸入する場合と比べて手間が格段に増えます。

  3. 利益が出ない
  4. 複数の国から商品を輸入することで国際送料が嵩み利益が減ります。

    Amaconの価格比較ツールでは
    送料も含めて利益計算できるので
    それを用いて1カ国ずつ確実に利益の出る商品を複数探したほうが効率がいいです。

  5. 回転率が落ちる
  6. 国ごとに商品が届く時期はばらばらです。
    全ての商品の到着を待ってからでないと
    手間も送料も嵩みますし全ての商品の到着を待っていると
    どんどん時間が経ってシーズンものであれば売れ筋を逃してしまうこともあります。

現在は価格差以外にも利益、利益率、ランキング、在庫数、出品者数、レビュー数など
あらゆる商品情報を抽出可能で法人企業様を中心に多くの方ご利用いただいてます。

関連記事

  1. 無在庫販売

    Amazon価格改定ツールを無在庫販売で使うには

  2. ASINコードに関する作業効率化方法

  3. 中国輸入ツール

    中国輸入ツールには在庫追跡ツール

  4. 仕入れ判断

    Amazon仕入判断ツールという最終兵器

  5. Amazonツールの形式

    Amazon価格改定ツールの形式について

  6. Amazon用価格比較ツールとブランドマーケティング

PAGE TOP