Amazonツール

Amazon在庫追跡ツールの活用

Amazonツールの中でも特に使いやすい在庫追跡ツールの活用事例

Amazon用在庫追跡ツールの効果

amazonツール事例

上記の写真は弊社の在庫追跡ツール(輸出版)の
使用例です。

一番多いもので販売数1779となっていますが
これは1ヶ月の販売数ではなくわずか3日間での販売数です。

つまり1日に600個近く売れている計算になります。

これはほんの一例でもっと売れている
商品も当然存在します。

お伝えしたいのはそのようなことではなく
世間一般で用いられている
pricecheckやモノレートを使った
仕入数の判断には限界があるということです。

それらのサイトでは
ランキングの変化を測定するので
仮に毎日商品が売れたグラフから判断できても
上昇回数は30になります。

つまり最低でも30個は売れたと
なるわけですが
これだと先ほどの1日で600個売れる商品が
どれかわかりません。

在庫追跡ツールでは600個となっても
ランキングの変化を追うサイトでは1個以上となります。

これでは臆病な仕入れしかできず
機会を逸してしまいます。

ぜひ正確な販売数を
武器にビジネスを進めてください。

FBA出品で狙い目の商品

ちなみに在庫追跡ツールは
FBA出品者の販売数と出品者出荷の販売数を
両方測定することができますが
弊社ではFBA出品のみを行っているので
基本的にはFBA出品者の販売数のみを
データとして用いています。

基本的にとお話ししたのは
出品者出荷の販売数を使う場合もあるからです。

それはFBAセラーがいない場合です。

FBAセラーが存在せず
商品が売れている商品、
これは狙い目の商品と言えるので
価格比較ツールなどで
利益が取れるかつFBA出品者がいない商品を見つけたら
念押しで在庫追跡を使って
仕入れ判断に役立ててください。

アバウトにだいたい
何個売れそう、と仕入れていると
最初は運良くうまくいっても
必ずいつか歪みが来ます。

Amazonツールの活用事例

ちなみに弊社では
価格比較ツール→
在庫追跡ツール
の順に使っています。

利益が出るかどうか→
何個仕入れるべきかの流れです。

多くの有名セラーの方に
こちらの商品使っていただいており
評判も非常にいいので
仕入数を何個にすればいいか悩んでいる方
ぜひ一度利用してみてください。

関連記事

  1. ASINコードに関する作業効率化方法

  2. 開発におけるAmazonMWSキーの使い方(Mac編)

  3. Amazonツールの形式

    Amazon価格改定ツールの形式について

  4. Amazonツール開発セミナー動画まとめ

  5. Amazonの重量

    Amazon用価格比較ツールの重量と容積重量の取得

  6. Amazon用価格改定ツールをせどりに活用する方法

PAGE TOP