Amazon輸入

Amazon評価リクエストの活用法

Amazon評価リクエストを活用しよう

Amazonで販売をしたばかりの多くの方は
自身の評価を高めることに苦労されているかと思います。

売上が出ても必ず評価してもらえるわけではありませんから
少し評価を上げるつもりだとしても
売上数は目標の5倍から10倍は必要になります。

しかし、Amazon評価リクエストをうまく活用すれば
購入者からより多くの評価を貰える可能性が高まります。

そこで今回はAmazon評価リクエストを活用し評価を上げるための
以下の3つのポイント
を紹介します。

  • Amazon評価リクエストの基本
  • Amazon評価リクエストを送るタイミング
  • 評価の仕方を書いておく

Amazon評価リクエストの基本

評価03

Amazon評価リクエストを送るには
まずセラーセントラルのページから
注文の詳細ページへ行き購入者の名前をクリックします。

すると、購入者に連絡するためのページに飛びますので
そこから「評価リクエスト」を選択して
テンプレートを入力して送信します。

評価を促す連絡自体はAmazonも認めているものですので
積極的に活用していきましょう。

Amazon評価リクエストを送るタイミング

評価リクエストを送るタイミングを決めておきましょう。

商品の発送が完了した時か
商品が届いたであろうタイミング

主にこの2つを狙って送ることが多いです。

どちらにすべきか悩んだら発送完了後に送る方が楽でいいと思います。

発送完了時に送るのであれば
「本日、xxのyy便にて発送致しました。」といった文を入れ
到着後に送るのであれば
「商品は無事に届きましたでしょうか?」といった文を入れます。

ただ評価リクエストをするだけではなく
到着確認は発送報告と合わせて送ることが自然な文章にするコツです。

評価の仕方を書いておく

評価リクエストのテンプレートの中に
評価をする手順も付け加えておくといいでしょう。

Amazonを使い慣れている方ばかりではないためです。

また、不良品等の問題が合った場合に
そのまま悪い評価をされてしまわないように
返品や交換をするための連絡方法も載せておく
ようにします。

もしも不良品でトラブルがあったとしても
正しく返品交換対応をすれば高い評価をしてもらえる可能性は高くなります。

Amazon評価リクエストを効果的に使う

パソコン3

Amazon評価リクエストは特に始めたばかりの
初期段階から効果的に使うことがポイントです。

評価を早めに高くして、その後は高評価をキープするために
評価リクエストを活用して売上を伸ばしていきましょう。

テンプレートを使った簡単な作業で
一度準備を済ませてしまえば大した負担にもなりません。

ぜひみなさんのAmazonビジネスに役立ててみてください。

関連記事

  1. Amazon輸出で送料設定する際の6つのポイント

  2. Amazon輸入代行業者を選ぶ時の4つの注意点

  3. Amazon輸出の商品のリサーチ方法

  4. Amazon輸出、在庫の補充についての5つのポイント

  5. Amazon輸入ビジネスでの3つ注意点

  6. Amazonランキング

    Amazon用ツールでランキングを抽出したけどどうやって活用すればいい…

PAGE TOP