Amazon輸出

Amazon輸出 FBAへ直送納品する方法

 FBAに直送納品する際の注意点

納品までのスピードを上げるということは、利益率を確保することにつながります。
なぜかというと、
Amazon輸出ビジネスの注目度が高まってきており、
リサーチ→仕入→出荷→納品と通常の手順を踏んでいても、
あっという間に値崩れしてしまっている、ということが少なくありません。
セラー数も増えており、Amazon輸出ビジネスには
スピード感というものが非常に重要になってきています。
ここで大幅な時短になるのはAmazonへ直送することです。

しかし、基本的にAmazonは直送を認めていません
海外に送る場合、

  1. 受け取る方(インポーター)が関税の支払いを負担するのが通常である
  2. 荷物に問題があった場合に購入者から問い合わせが行くことがある

ということが可能性としてあるため、
Amazon側としては、それは行わないという規約になっています。
直送するには次の2点に注意が必要です。

 

関税がAmazonに請求されないようにする

これはFedex 、DHL等が提供する、
関税の元払いサービスを利用することで回避できます。
日本郵便の場合は、関税元払いにする事ができませんので利用できません。

これを利用すれば、通関時にかかる関税を運送会社が立て替えてくれ、
後で発送元や指定した所に請求をしてくれるようになります。
これには1回の配送につき2~3000円の手数料がかかりますが、
一度に多く発送する場合にはそれほど高くはありません。

 

インポーターをAmazonにしない

一般的には、荷受人がインポーターとなるため、
通関の際になにか起こった場合は、このインポーターに連絡がいったり、
関税が請求されたりすることになります。

そのため、インポーターを米国の個人、
または会社に指定できるサービスがある発送会社を選ぶ必要があります。
こちらも、FedexDHLは対応しています。
日本郵便では、インポーターを指定できないため、インポーターと荷受人を別にできません。
海外Amazonの倉庫にFBA納品したい場合は、
Amazonが指定した業者を通し、自分でも納品することができるのですが、
英語でやり取りしないといけない必要があるので、初心者には少し高いハードルです。
そこで、海外発送代行業者のFBA直送サービスを使うことで、
そういった面倒な手続きを行わずに済みます

ダウンロード

FBAへ直接納品をするメリット

納品までのスピードを上げることで、利益率の確保につながります。

納品スピードが格段に上がるAmazonへの直送納品
値崩れに巻き込まれる前に発送ができ、利益率も確保できるといえます。

関連記事

  1. Amazonスポンサープロダクトの利用料金について

  2. Amazonスポンサープロダクトを使う3つのメリット

  3. Amazon出品者評価の上げるには?

  4. Payoneerの登録方法

  5. Amazon輸出無在庫販売の出品数における3つの注意点

  6. Amazon評価リクエストの活用法

PAGE TOP