Amazon輸出

Amazon輸出での出品手数料についての5つのポイント

Amazon輸出と出品手数料

Amazon輸出では売上金のうちいくらかは
出品手数料として取られてしまいます。

損益分岐ラインを計算するには
出品に関わる手数料を知ることが必要
ですが
Amazon輸出ではどんな手数料があるのでしょうか?

今回はAmazonで販売するにあたって知っておくべき
5つの手数料とその他の費用についても解説します。

  • Amazon月額費用
  • Amazon販売手数料
  • メディア関連手数料
  • ペイオニア年間費用
  • ペイオニア手数料
  • その他のコストについて

Amazon月額費用

amazon14

アメリカのAmazonでは大口出品プランで
月に39.99ドルの月額費用が取られます。

毎月100個の売上があれば1つあたり30セントですから
それほど大きな負担ではありません。

大きな負担だと感じる段階なのであれば
売上を増やすことを目標にしてみましょう。

Amazon販売手数料

Amazonでは販売手数料として売上代金から
一定割合を手数料として差し引いています。

この割合は各カテゴリで決まっていて
6%から15%、ほとんどのカテゴリで15%に設定されています。

メディア関連手数料

DVDやCDなどの場合にはメディア関連手数料として
0.8ドルから1.35ドルの固定費用がかかります。

ペイオニア年間費用

Payoneer03

Amazon輸出の場合は多くの方がペイオニアを利用することでしょう。

ペイオニアでは年間29.95ドルが維持費としてかかります。

年額で約30ドルなのでほとんど誤差のような負担になります。

ペイオニア手数料

ペイオニアでは送金をする際に送金手数料を取ります。

Amazonでの販売価格から手数料を差し引いた売上金から
ペイオニアの手数料を差し引くため
計算をする時には注意しましょう。

受取方法や金額によって1%から2%の送金手数料がかかり
日本円で受け取る際にはさらに為替レートに2%が上乗せ
されます。

その他のコストについて

amazon17

Amazon輸出では配送料金もかかります。

配送料金は商品代金に上乗せすることになると思いますが
配送料金分の代金からも手数料が取られますから
ある程度余裕を持って上乗せする必要があります。

Amazon輸出の出品手数料を概算するには

Amazon輸出では販売価格のうち25%程度は
出品手数料として取られると思っておきましょう。

また、そこからさらに自分が受け取るべき利益や
返品リスク等を考慮すると、販売価格に対して
仕入れ値が4割以下に収まらないと厳しいとも言われています。

損益の分岐ラインを知ることはAmazon輸出において重要なことです。

価格競争に巻き込まれることも少なくない
このAmazonビジネスで生き残るためにも
手数料体系について改めてチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. Amazon輸出、在庫の補充についての5つのポイント

  2. worldfirstの登録

    WorldFirstの登録方法【Amazon輸出用口座】

  3. Amazon輸入代行を使う4つのメリット

  4. Amazonで稼ぐ8つの方法

  5. Amazon輸出代行を使う5つのメリット

  6. Amazonスポンサープロダクトの効果のほどは?

PAGE TOP