Amazon輸出

Amazon輸出での利益を計算する方法

Amazon輸出で得られる利益について

Amazon輸出で得られる利益を計算するには
送料を含めた商品価格から
販売で掛かる手数料等のコストを差し引くことで計算できます。

Amazon輸出では様々な手数料がかかります
主にこれらのコストを含めて計算すると
より正確に予想利益が産出できます。

  • Amazon販売手数料(15%)
  • ペイオニア手数料(約5%)
  • 梱包資材
  • 代行業者手数料
  • FBA手数料
  • 関税
  • Amazon月額料金(39.99ドル)
  • ペイオニア年額維持費(29.95ドル)

Amazon販売手数料について

お金04

Amazonでは手数料として売上から6%~15%が取られます。

商品カテゴリによって比率が違いますが15%のカテゴリがほとんどです。

また、DVDやビデオやゲームメディアの場合には
メディア関連手数料として1ドル前後の手数料がさらに取られます。

ペイオニアについて

ペイオニアはAmazon輸出では定番のレンタル法人口座サービスです。

維持費は年間29.95ドルですので売上金が増えればそれほど気になりません。

ただ、ペイオニアで売上金を受け取る際に1%
さらに為替手数料として2%、国内銀行で引き出すとさらに2%ほど取られると
5%近い金額が商品代金から取られていることになります。

利益計算をする時にはしっかりとペイオニア手数料も含めておきましょう。

関税

関税は実際に請求がくるまで正確な金額は分かりませんが
相場から大体の金額は分かりますのでコストとして計算しておきましょう。

Amazon輸出では関税を顧客に支払ってもらうことはできないので
関税の支払いが出るような商品は代行業者を使うなどして
配送に問題がないようにしておきます。

代行業者

輸出代行は業者によって金額やサービス内容が違うので
自分の使っているところの料金からコストを算出しておきましょう。

送料も含めて請求されますので計算が複雑なところもありますが
商品重量がわかれば自分でも計算できるような業者は多くあります。

リスクについて

輸出輸入17

輸出ビジネスという性質上、為替リスク
相場の値下がりによる利益の低下も考えられます。

全てが予想通りに行くわけではありませんので
不測の事態にも備えが必要です。

状況の変化にも対応できるようにしておきましょう。

また、過度な価格競争を引き起こさないようにすることも
Amazon輸出では重要だったりします。

Amazon輸出での利益

Amazon輸出では利益を正確に出しておくことで
採算のとれた健全性の高いビジネスが可能になります。

長期的な視野で輸出ビジネスをする上で重要なことなので
自分で利益計算ができるようにしておきましょう。

関連記事

  1. Amazon出品者評価の上げるには?

  2. Amazon輸出、在庫の補充についての5つのポイント

  3. Amazon輸入代行業者を選ぶ時の4つの注意点

  4. Amazon輸出 カテゴリー申請

  5. Amazon輸出代行を使う5つのメリット

  6. Amazon輸出で安く仕入れる4つの方法

PAGE TOP