Amazon輸出

Amazon輸出無在庫販売で儲ける4つのポイント

Amazon輸出無在庫販売で儲ける方法

みなさんはAmazon輸出をしていて
在庫の管理が面倒だと思ったことはありませんか?

無在庫販売をマスターすることで在庫を持つために必要な
物理的スペースや資金のムダを減らし、資金効率がアップすることができます。

今回はAmazon輸出無在庫販売をするための基本である
以下の4つのポイントを紹介します。

  • 無在庫販売のデメリット
  • 無在庫販売で売上を伸ばすコツ
  • 無在庫販売をしてはいけない商品
  • 仕入れ資金を忘れずに

無在庫販売のデメリット

無在庫販売は在庫を持たないためリスクゼロで販売できる強みがあります。

しかし、何もデメリットが無いわけではありません

無在庫販売では在庫を持っていないため、注文を受けてから
商品が準備できない危険性が隠れています。

そのため、確実に商品が準備できるかどうかを確認しておく必要があります。

例えば、数量限定の商品や一点ものの商品は無在庫販売できません。

複数のショップから入手が可能で
仕入れ数にも制限がないような商品
が理想的です。

無在庫販売で売上を伸ばすコツ

輸出輸入08

Amazonでは到着日数の明記が必要になるため、海外配送が必要な
Amazon輸出の無在庫販売では売上が落ち込みがちです。

そこで、無在庫販売をする時には流通ルートの効率化が必要になります。

より早く商品を届けてくれる仕入元を探したり
代行業者を利用する際にも、配送日数の短い業者を選ぶことが重要です。

少しでも日数を短くすることができれば、同じく無在庫販売をしている
他のライバルとサービス品質の差を生み出すことができ
それは売上の上昇を意味します。

無在庫販売をしてはいけない商品

疑問03

無在庫販売をしない方がいい商品もあります。

それは週に一定の売上がある商品、安定した販売のできる商品です。

今のAmazon輸出ではFBAが主流となってきており
到着日数や配送コストの高い無在庫販売ではFBA販売に対抗することはできません。

一定の売上が見込める商品であればFBAで販売をしていくべきです。

仕入れ資金を忘れずに

無在庫販売をする時には仕入れ資金が必要になります。

そのため高価なものを無在庫販売する時には注意が必要です。

10万円のものを無在庫販売するのであれば
少なくとも10万円を仕入れ資金として確保しなければなりません。

場合によってはキャッシュフローが悪くなる原因にもなるため
無在庫販売をする価値が本当にあるのか十分に検討しておきましょう。

Amazon輸出無在庫販売での儲け方

Amazon輸出で無在庫販売をする時にはリスク管理が重要です。

FBA販売もできないような
需要の少ない商品を無在庫販売することになるでしょうから
確実に販売がうまくいくものかどうか、
無闇に多用しないこともうまく儲けるコツ
です。

関連記事

  1. Amazon価格改定のポイント【出品者向け】

  2. Amazon輸出でEMSを利用するにあたって

  3. Amazon輸出での商品リサーチの5つのコツ

  4. 改定

    AmazonFBAの価格改定について

  5. Amazon輸出で送料設定する際の6つのポイント

  6. Amazon出品者評価の上げるには?

PAGE TOP