Amazon輸出

Amazon輸出 返金・返品対応の3つのポイント

Amazon輸出で重要な返金・返品対応のポイント

Amazon輸出では海外の消費者が顧客になることが多いためか
返金返品リクエストをされることは少なくありません。

しかも、不良品等ならともかく
顧客側の都合による返品もあるところが
Amazon輸出の難しいところです。

そして、対応を間違えれば悪いコメントをされかねないところは
Amazon輸出に関わるみなさん共通の悩みだと思います。

顧客からの返金リクエストがあった時にどう行動すればよいのか
Amazon出品者として取るべき行動のポイントを3つ紹介します。

  • 不良品だった場合の対応
  • お客様都合による返品の場合
  • 返送をしてもらわなくてもいい

不良品だった場合の対応

驚き1

不良品とも報告を受けた場合には
こちらの不備によるトラブルですから
すぐに返金もしくは交換手続きをします。

どういった対応を望んでいるのか
お客様と相談した上で対応していきましょう。

こちらが先にやった後で不良品を返送してもらうことが
円満に解決するポイントです。

不良品が返送されないまま放置されることもあるので
途中で連絡が途絶えてしまったら
お客様に2回か3回程度は連絡をしてみましょう。

それでもダメだった場合には返すつもりがないと判断して
諦めて次のビジネスに取り組んだ方がいいです。

お客様都合による返品の場合

お客様の都合による返品をリクエストされることもあります。

この場合には先に商品を返品してもらい
それから商品代金を返金しましょう。

送料負担はお客様の方にしてもらい
返品が確認できてから返金をすることが重要です。

返送するといってしない方も中にはいますから
順序を守ることがリスクを減らすコツです。

返送をしてもらわなくてもいい

amazon19

不良品の場合にはその商品の仕入れ値よりも
返送の送料負担の方が大きくなることもAmazon輸出ではよくあることです。

返送されると損をしてしまうようなケースであれば
お客様に処分をお願いするのも一つの選択肢
です。

Amazon輸出の返金・返品対応

返金返品対応を求められる機会は多いわけではありませんが
Amazon輸出を長く続けていればいずれは出くわすことになるトラブルです。

商品チェックをしたとしても配送中の事故もありますので
一定確率で起きるトラブルとしてこうした出費について
売上に転嫁できるように考えておきたいものです。

関連記事

  1. Amazon出品者低評価の削除の仕方について

  2. Amazon輸入ビジネスでの3つ注意点

  3. worldfirstの登録

    WorldFirstの登録方法【Amazon輸出用口座】

  4. Amazon輸出 カテゴリー申請

  5. Amazon輸出での利益を計算する方法

  6. Amazon輸出で送料設定する際の6つのポイント

PAGE TOP