Amazon輸出

Amazon.com(アメリカアマゾン)への出品登録方法

Amazon.comで出品登録する方法

Amazon輸出ではアメリカアマゾンで出品登録をするのですが
説明が全て英語なのでよく分からない方も多いかと思います。

そこで今回はAmazon輸出で出品登録する手順を紹介します。

アメリカアマゾンでは以下の順で登録手続きをします。

  • アカウント登録
  • 販売者の住所を登録
  • クレジットカード情報
  • 電話認証
  • 納税者登録
  • 銀行口座の登録

アカウント登録

amazon

まずはAmazonのアカウントを作成します。

ショッピングをする時と同様にメールアドレスを入力して
パスワードを入力する簡単なものです。

これはすぐに終わります。

販売者の住所を登録

アカウントページに行ったら、「Your Seller Account」とあるリンクから
出品者向けのページを開きます。

日本のAmazonでいう小口出品と大口出品の選択が出るので
「Sell Professionally(大口出品)」の下にあるボタンをクリック
大口出品の登録をするための手続きを開始します。

最初は販売者の住所から登録するので
日本で事業をする住所を英語表記入力します。

英語表記なのでJapanから書き始め最後までローマ字で入力しましょう。

クレジットカード情報

出品登録する時には手数料を支払うためのクレジットカードの登録もします。

事業用のクレジットカードを登録しておきましょう。

電話認証

途中で電話認証を求められるのでPINコードを入力しましょう。

電話認証では1から9までの数字を
英語ですがゆっくりと分かりやすく羅列します
ので
それほど難しい作業ではありません。

納税者登録

お金02

Amazon.comではアメリカの納税者登録も必要になります。

途中でこのような質問文がありますのでNOを選択します。

「For tax purposes are you a U.S. citizen,
U.S.resident,or U.S.partnerships,orU.S.corporation ?」

要約すると「あなたはアメリカの市民か法人として税務申告をしますか」
といった内容で、日本で納税を行いますので選ぶのはNOになります。

あとは住所などの情報を登録すれば納税者登録は完了です。

銀行口座の登録

最後に銀行口座を登録します。

銀行口座といっても売上金はドルですから
アメリカ国内の銀行口座でなければなりません。

また、Amazonの売上金を受け取ることができるのは
アメリカの法人名義の口座だけです。

アメリカ国内の法人を立ち上げていないのであれば
レンタル法人口座のペイオニアなどの口座を準備して登録します。

Amazon.comの登録完了

これでAmazon.comの出品登録は完了です。

納税者登録の部分とアメリカの法人名義の口座の登録
この2つがクリアできればアメリカアマゾンの出品登録も簡単に終わります。

まずはペイオニアで銀行口座の準備から始めて
下準備が整い次第Amazon.comの出品登録も進めていく

スムーズに登録手続きを進められます。

関連記事

  1. Amazonランキング

    Amazon用ツールでランキングを抽出したけどどうやって活用すればいい…

  2. Amazonスポンサープロダクトを使う3つのメリット

  3. 【危険】Amazon輸出で商品が売れない9つのワケ

  4. Amazon輸出で送料設定する際の6つのポイント

  5. WorldfirstとPayoneerの比較

    WorldfirstとPayoneerの比較

  6. AmazonでJANコードのない商品を出品するためには?

PAGE TOP