Amazon輸出

Payoneerの登録方法

Payoneerの登録・口座発行までの流れ

Amazon輸出では売上金を受け取るための現地銀行口座が必要となります。

しかも、法人名義でなければならないため
Amazon輸出は素人には参入が難しいものとなっていました。

そこで登場するのがPayoneer(ペイオニア)です。

Payoneerを使えばネットからの申し込みだけで
銀行口座をレンタルしてもらえますので
初心者でも簡単にAmazon輸出に参入することができます

  • 公式ページへ行く
  • Payoneer登録で必要なもの
  • 身分証のコピーの送付方法
  • 登録完了した後カードが届く

公式ページへ行って登録をする

Payoneer

まずはPayoneerの公式ページへ行きましょう。

Payoneerは日本語にも対応していますので
もしWebページが英語で表示されていたら上部にある
言語設定を日本語に切り替えましょう。

Payoneer登録で必要なもの

Payoneerで登録する際に求められるものは
あなたの氏名住所、メールアドレス、身分証明書があります。

身分証明書は運転免許証やパスポート、ナショナルIDがあり
どれか一つを登録する流れになります。

後ほど、登録時の住所にカードが送られたり
身分証のコピーを求められますので情報を正確に入力しておきましょう。

身分証のコピーの送付方法

身分証のコピーは画像ファイルでアップロードします。

Payoneerで身分証の画像をアップロードする時には
カラー写真で表面と裏面を両方送る必要があります。

画像が鮮明になるようにスキャナーで撮った画像が最適ですが
スマホで写真撮影したものを使っても問題はありません。

その際には文字に潰れがないか、ぼやけてしまっていないか
ハッキリとした画像になっていることを確認した上でアップロードしましょう。

登録完了した後カードが届く

Payoneer02

登録が完了ししばらくするとPayoneerからデビットカードが送られてきます。

カードを使うためには有効化が必要ですので
Payoneerにサインインをして届いたカードの情報を入力します。

この時には自分の好きな暗証番号も登録します。

暗証番号はカードを使ってATMから現金を引き出す際に使うもので
Payoneerでは日本の銀行口座への直接振込か、カード経由での現金受け取りが
Amazon輸出での売上金を受け取るための手段となっています。

Payoneerの登録を済ませよう

Payoneerは輸出ビジネスを行う際の頼りになる味方です。

Amazon以外のサイトでも売上金の受け取りで銀行口座が必要となる場面は多いです。

みなさんも輸出ビジネスの基本中の基本である
Payoneerを使いこなせるようにしておきましょう。

関連記事

  1. Amazon輸出 FBA出品において禁止されている9つの商品項目

  2. Amazon大口出品と小口出品について

  3. Amazon輸出で安く仕入れる4つの方法

  4. worldfirstの登録

    WorldFirstの登録方法【Amazon輸出用口座】

  5. Amazon輸出で送料設定する際の6つのポイント

  6. 輸出と消費税の還付 自ら課税事業者になる際の2つの注意点 

PAGE TOP