Amazon輸出

WorldfirstとPayoneerの比較

WorldfirstとPayoneerの比較

Worldfirstとpayoneerの違い

Amazon個人輸出ビジネスには欠かせない海外口座。
その主流となっている2つのサービスについて違いをまとめてみました。

WorldfirstとPayoneerの比較
WorldFirst Payoneer
口座形式

本人口座

レンタル口座

利用可能国

アメリカ($)
カナダ($)
EU諸国(€)
イギリス(£)

アメリカ($)
EU諸国(€)

売上受け取り手数料

無料

売上の1%
(累計$200,000で無料)

年会費

無料

無料

国内銀行への送金為替手数料

1-2%
(送金額によりレート優遇)

2~3.5%

国内銀行への送金手数料

$1,000(€500)以上:無料
$1,000(€500)未満:$30

無料

国内銀行への最低送金額

なし

$500~

€500~

ATM

なし

あり

残高照会

Web:無料

Web:無料

WorldFirstの利点

1.年会費が無料
Payoneerでは年間$29.95ほどかかってしまいますがWorldFirstなら無料になります。

現在はPayoneerもWorldfirstもねんかんの口座維持費用は無料となっています。

2.売上受け取り手数料が無料
Payoneerでかかってしまう売上1%分の手数料が無料となります。
たかが1%と思われる方もいらっしゃると思いますが、
規模が大きくなるほど、かなり大きな金額になるので無視は出来ません。

※現在はpayoneerも受取手数料が無料となっています。

3.イギリス、カナダの口座開設が可能
口座を分けて管理するのは案外面倒なので
「最初はアメリカでしか考えていなかったが、
ビジネスの規模が拡大したのでカナダ(orイギリス)でも始めよう…」
といった場合にも安心です。

Payoneerの利点

1.国内銀行への送金手数料が無料
WorldFirstでは$1,000未満の送金時に手数料がかかってしまいますが、
Payoneerではそれがかかりません。

ビジネスを始めてばかりの段階では、
$1,000未満でも引き出すことが多くあると思いますので
ビジネス開始初期にはPayoneerの方が魅力的です。

※現在はWordldfirstで$1,000未満の送金を行う場合でも手数料がかかりません。

やはり両者ライバルとして意識し合っているようです。

2.ATMから引き出しができる
手数料がかかってしまうもののATMから引き出せるのはとても便利です。

以前は引き出し用のマスターカード(デビットカード)が作れたPayoneerですが現在は廃止され条件はイーブンになっています。

3.登録ボーナスがある

Payoneerでは登録時に50ドルのボーナスがもらえます。

まとめ

 

以前はWordlfirstの方が有利だったものの今はどちらを使ってもいいと思います。

Payoneerの方が日本でのサービスにより力を入れている印象です。

双方の利点を理解して自分のビジネス戦略に合った選択を取りましょう。

いざという時のために両方作っておくことをおすすめします。

関連記事

  1. Amazonスポンサープロダクトの利用料金について

  2. Amazon輸出無在庫販売の出品数における3つの注意点

  3. Amazonの出品用画像の撮り方とルール【わかりやすく解説しました】

  4. Amazonで稼ぐ8つの方法

  5. Amazonの在庫確認

    Amazonの在庫数を調べる方法

  6. Amazon輸入代行を使う4つのメリット

PAGE TOP