せどり

メルカリで商品を売る5つのコツ

メルカリで売るコツ

メルカリは利用者が急増しているフリマアプリ
個人で気軽に商品を販売したい時に便利なアプリです。

ですが、今では買い手だけでなく売り手も増えてきていますから
うまく商品を売らないと売上につながらないこともあります。

そこで、今回はみなさんにメルカリで商品を売るために
抑えておきたいコツ
を紹介したいと思います。

とても簡単にできるものなので
これからはこの5つのポイントに注意しながらやってみてください。

  • 写真撮影ではライトを使おう
  • 商品説明文はしっかりと書き込もう
  • 検索キーワードを使う
  • 値引き交渉の対応について
  • 専門について

写真撮影ではライトを使おう

フリマアプリ (2)

商品画像は商品の魅力を伝えることもあれば
逆に悪い印象を与えてしまうこともあります。

メルカリではスマホのカメラを使って
商品写真を取ることが多いと思いますが
暗い所で写真を取ると全体が暗くなったり画像がボケたりします。

そこで、ライトや電灯をうまく使って
商品が影で暗くならないように写真を取ってみてください。

昼間なら窓を開けて太陽光で明るくすると
綺麗な写真が取りやすくなります。

商品説明文はしっかりと書き込もう

メルカリでは商品説明文が重要です。

できるだけ詳細な情報を書いておく方が
買い手も安心して注文できます。

また、商品が違うというようなトラブルの予防にもなります。

検索キーワードを使う

ノートパソコン・若い女性

商品説明文や商品タイトルには
たくさん検索されていそうなワードを使いましょう。

販売する商品を自分が探すとしたらどんなワードを使うか
検索する時の言葉を考えると分かりやすいと思います。

例えば、ブランド品ならブランド名は必ず入れましょう。

ブランド価値が高くない商品であれば
「トートバッグ」や「ポーチ」というような
商品の特徴がわかりやすいワードを入れてみましょう。

検索から見てくれる人が増えればそれだけ売れやすくなります。

値引き交渉の対応について

メルカリでは値引き交渉をする人が非常に多いです。

多いですが、必ずしも買う気があるわけではないので
無理に要求に答える必要はありません。

冷やかしも増えてきているので
ブロック機能を使って販売の邪魔にならないように
対処する必要も時にはあります。

専用について

「専用にしてください」とお願いされることがメルカリではあります。

これは取り置きに近いもので、複数の商品をまとめ販売して
手数料や購入の手間を少なくするために
自分専用にして欲しいと依頼をしているものです。

メリットがある場合もありますが
専用商品に対応するつもりがなければ断っても問題ありません。

メルカリで商品を売る

メルカリでの販売に慣れてくると最初の頃よりも
商品の売れ行きが良くなるのを実感できるはずです。

ここで紹介したコツ以外にも
使いながらメルカリの売上を伸ばす方法は見つかるでしょうから
自分なりにノウハウを溜めていくことがポイントです。

関連記事

  1. フリマアプリ メルカリを利用しよう

  2. フリマアプリでのよくあるトラブルと解決法

  3. メルカリの出品方法について

  4. 今注目を浴びる人気のフリマアプリとは?

PAGE TOP