Amazonでのコンバージョンを上げるための9つの施策

このページではネットショップを中心としたECサイトでのコンバージョンを上げる方法をまとめています。

オンラインで消費者の購買意欲を刺激し、商品を効果的に売り込むために、ECサイトにおける商品画像は重要なファクターとなっていることはデータでも裏付けられています。

Nielsen Norman Groupが実施した調査によると、ECサイトにおいて購入完了までに至らなかった理由として「不十分あるいは曖昧な商品情報」が20%に上ったと言われています。

また商品画像だけが商品ページにおいて重要なわけではありませんが、商品情報の大部分のウェイトを占めるのは商品画像です。

その論拠の一つとして以下のことが挙げられます。

また、楽天リサーチの「スマートフォン利用に関する調査」では、スマートフォンでEC利用の経験がない理由として「商品の画像が見にくいから」が53.8%に達し、理由の断トツ1位となっています。こちらはスマートフォンの画面自体の小ささを指摘している調査ではありますが、商品画像がオンラインでの購買の重要な要素となっていることが分かります。

弊社でも幾つかECサイトを運営していますがアクセスの半分以上がスマホ経由です。

それを踏まえて画像の改善を中心にAmazonのコンバージョンを上げる方法を見ていきたいと思います。


高画質の画像を用意する


Amazonでは画像の拡大画像の機能を有効にする為に最長辺のいずれかを1000ピクセル以上にする必要があります。
正確には画像のサイズが大きい=高画質ではありませんがサイズの大きい画像を用意することが拡大機能が有効になり細部のイメージをお客様に伝えることでコンバージョン率を上げることができます。


画像全体を適切な明るさにする


素人撮影とプロの撮影で一番違いが出る部分は光量です。画像加工だけで適切な光の量を確保することは難しいので撮影段階から明るさを意識して撮影するようにしましょう。


商品写真で商品をどのように使うかをユーザーにイメージさせる


文章だけでお客様に商品の使用感を伝えることは難しいです。
また使用感をイメージすることで人は商品の所有欲が増加するという研究データがあります。
その際に視覚以外の五感に訴えるような画像を用意できるとなお良いです。


複数の選択肢がある場合その違いを明確にする商品写真を用意する


加工しすぎて実物の色と異なって見える写真を用意するのは好ましくありません。
また、カラーバリエーションなどがある場合は、どれがどのカラーなのかをはっきりと明記し、返品率を下げる意味でも商品の違いは明確に伝わるようにしましょう。


商品の強みをバナー画像で伝える


バナー画像は単なる写真ではありません。コピーライティングの力を使ってうまく見込み顧客を誘導する必要があります。
キャッチコピーや商品のロゴなどをうまく使い、ユーザーの興味を掻き立てられる画像を設置することで、購買力をアップさせることも。


人物を入れた(人の手など一部でもOK)画像を用いる


人の全身または一部が写っていることにより人は親近感を覚えるという研究があります。
当たり前のことに思うかもしれませんがその延長で男性用商品であれば男性モデルを女性用商品であれば女性モデルが好ましいと言われています。


サイズを伝える説明画像を用意する


返品率を下げる、迷い客を減らす為にもサイズは明確に伝える必要があります。
この際もサイズを書くだけでなく人を写真の中に入れることでサイズを感覚的にイメージしやすくしてあげることが大切です。


ブランドの雰囲気を伝えるセットを用意する


ただの商品画像だけを並べている方もいますが、高いコンバージョンを保つには商品の強みを明確に伝える画像が必要です。
実際に使用しているシーンの画像を入れたり、正面からでは見えない部分の詳細な説明を入れることにより、返品数やトラブルも減り、実際に手に取れないユーザーの不安を緩和させる効果もあります。


A/Bテストを行う


コンバージョンの高いページは一朝一夕には作ることが出来ません。

画像を変えコンバージョンが上がったか下がったかを計測して少しずつ改善していく必要があります。

画像を変えた際にコンバージョンが上がったかそうでないかをビジネスレポートのユニットセッション率で見ている方も多いと思いますが商品数が増えるとこのやり方では追いつきません。

弊社ではAmazon用のA/Bテスト用ソフトウェアを販売しており扱う商品数が多い場合その効率化のためにもソフトウェアの利用をおすすめしています。

PAGE TOP