中国自社工場運営のすすめ~小さなユニクロを作りませんか?

縫製工場のスタッフ

昨今のAmazonをはじめとするライバルセラー増加による売上・利益減に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

自分で工場運営することで品質向上やコスト削減、OEMでは出来ないようなオリジナル商品を生産することが可能です。

もちろん工場を運営をするには参入障壁はかなり高くそれなりの資金が必要なので最上級者向けです。

参入障壁が高い分メリットも大きいのでご紹介させていただきます。

※初心者やOEMをやったことない方にはハードルが高いので工場サポートをお断りすることもございますのでご了承ください。

中国で自社工場を持つメリット

※今回は衣類の工場を想定してお伝えしますが、電子機械の組み立て工場などリスクが低いものであれば工場を作ることが出来ます。

1.商品の品質を維持できる

中国OEM商品は不良品が多く、商品の質にムラがあります。

縫製の問題、色の違い、傷、ファスナーの不具合、サイズのバラつきなど、品質が安定しません。不良品率が高く、不良品コストもかさみます。

自社工場を持つことで、「日本水準」の品質で商品を生産し、検品ができます。中国人セラーは品質が弱みなので、品質で差をつけることができます。

2.差別化が容易

代行会社や工場に依頼するOEMは、工場の持っているデザインを元に素材や各部位を変更するのが主です。

自社工場があれば、型を自社で作ることでオリジナル商品を小ロットでつくれます。

また、競合に情報が流れることもなく、すぐには真似することができません。

3.在庫切れが起こりにくい

自社のニーズに応じて生産できるので、在庫切れが防げます。

OEMでは、納期は工場次第です。他社から大量の発注が入ったり、行政の検査が入ったり、素材の調達計画がずさんで、納期がずれることも頻繁です。

自社工場があれば、納期の遅れがなく、細やかな在庫コントロールができます。

4.コストカット

工場は日本人の想像以上に、利益を「乗せて」単価を設定しています。

自社工場をもつことで、かなりのコストカットが可能です。

商材によって違いますが、場合によっては原価が半額になることもあります。

5.倉庫保管料の削減

日本で在庫を保管すると、FBAでも契約倉庫でも保管料がかさみます。

自社工場をもつことで、必要なだけ生産できるため、保管料が削減できます。

広めのスペースを借りて倉庫部分を作り、地価の低い中国で保管することもできます。

6.余剰在庫の削減・圧縮

自社工場をもつことで、納期を短縮できます。

余剰在庫を削減できるため、在庫リスクを減らすことができます。

7.小ロットで生産可能

工場に依頼する場合、まとまったロット数で発注しないと依頼を受けてもらえません。

自社工場であれば、小ロットで生産することができます。

商品開発時のテストマーケティングも容易に行えます。

 

中国に工場を持つデメリット

1.日本在住の場合、管理・監督が難しい

中国に滞在して工場立ち上げの準備をする必要があります。

工場が稼動した後も、日本に在住していると監督ができません。

2.スケールメリットを享受できる販路が必要

工場を所有しスタッフを雇うことで、ラインを稼動させる必要があります。

ある程度の売上規模、販路を確立したセラーでないと、自社工場のメリットを活かしきれません。

3.配送会社の手配が必要

代行会社に依頼すると、発注から日本への発送まで、一貫して手配してくれます。

自社工場の場合は、自分で運送会社を手配し、運賃を交渉する必要があります。

4.スタッフの管理が困難

日本人とは生活習慣も国民性も価値観も異なります。

中国スタッフを教育し、管理するには、専門の人材がいないと難しい面があります。

5.取引の信用性

入金したのに取引先がお金を持って消えてしまった、という話も聞きます。取引のリスクを負うことになります。

 

アマコンの工場スタートアップサービスがおすすめの理由

 

工場コンサルティング

1.日本にいながら工場がつくれる

Amaconが工場づくりをトータルサポート。適した場所を探し、土地の賃貸契約を結び、機械を手配して設備を整えます。

人材も募集から採用まで行い、日本語ができる管理者もご用意します。すべてスカイプで連絡が可能。

このサポートを利用すれば、日本にいながら工場づくりを進めことができます。

2.支払い・取引の安全性

支払いを伴う取引を日本の会社を通じて行うことができます。

土地の賃貸からスタッフの給与の支払いや仕入れまでAmaconを相手にお支払いただきますので、取引の信用性が担保されます。

現地スタッフや専門家も、長年かかって信頼を築き上げた人間のため、安心です。

3.業界最安値水準の運賃を利用可能

Amacon中国輸入代行で毎月大量の荷物を国際輸送しているため、運送会社の大幅割引の適用を受けています。

この割引運賃を利用可能です。日本までの輸送コストをカットできます。

配送方法もOCS、林道国際、DHL、フェデックス、船便など多彩な発送方法をご用意しています。AmazonのFBA倉庫へ直送も対応。

素材・原材料の買い付けもいたします。

4.格安検品の手配

専門スタッフを多数抱え、経験豊富なAmaconが検品を請け負い、厳しく品質をチェックします。

全数検品や動作確認が必要な場合、検品スタッフ(時給20元)を手配して対応することが出来ます。

また、検針などハイレベルな検品が希望の方には、検品会社にお見積り・手配します。

5.自社工場でつくれない商品も手配可能

自社工場で作れない商品は、Amaconのサービスを通じて手配できます。

アパレル商材の工場をつくったが、つくれないアウトドア商材がある…。

そんな時にはAmaconの輸入代行サービスを利用可能。他の工場で商品を手配します。

6.トータルサポート

工場立ち上げ準備だけでなく、商品開発のコンサルティングも含め、全面的にバックアップ。

豊富な経験を活かして、日本輸出の際に注意が必要な商材(PSEマークや食品衛生法)などについてもアドバイスします。

現地のネットワークを駆使して、ビジネスの実現をサポートします。

お客様のメリットを第一に考え、自社工場の利点が少ないと感じた場合には、立ち上げをしないようにご助言することもあります。

7.徹底交渉

地主やオーナー、各利害関係者と詳細に、綿密に打合せします。

その際、なるべく良い条件で取引できるように、粘り強く、徹底的に交渉します。

トラブルの可能性がある場合には、懸念点をすぐお伝えし、善後策を探ります。

現地に根を張って、商習慣の違いや国民性の違いを知り尽くしたAmaconだからこそできるサポートです。

 

工場立ち上げまでの15ステップ

1.ヒアリング

具体的に考えている商材や工場の規模をヒアリングします。

現在の売上個数実績に基づき、自社工場がつくるメリットがあるかどうか、また規模はどのくらいが望ましいか、現実的に助言させていただきます。

2.商材の強みと差別化

競合との差別化、商品の強みを出せるよう、豊富な経験をもとに商品開発のコンサルティングします。

工場を稼動後に強い商品作りをお手伝いいたします。

3.場所の選定

ヒアリングに基づき、現地スタッフが適した場所の候補をリストアップし、選定します。

電源など必要なインフラが整っているか、物流面が便利か、様々な条件を吟味します。

人材確保には通勤の便も影響します。

検品作業所との連携のとりやすさを含め、総合的に判断してご提案します。

4.現地確認

日本のスタッフが現地視察し、候補地の詳細な情報をお伝えします。

ご希望がある場合は、現地でアテンドいたします。

5.設備・機械とスタッフ人数の算定

工場に必要な機械、設備、必要な人件費を算定します。

機械や設備は新品を購入するか中古品を調達するかなどご要望に応じて確認いたします。

6.見積もり

土地・建物の貸借費、設備・機械の購入・貸借費、人件費を見積もります。

なるべく有利な条件で調達ができるよう、相見積りをとった上で、ご提案します。

7.確認の打合せ

見積もりをもとに、予算やスケジュールを確認いただきます。

具体的なすり合せを行い、この時点で変更点や疑問点があれば迅速に対応いたします。

8.入金

工場立ち上げにかかる実費を入金いただきます。

入金いただくのは、土地・建物の貸借費、設備・機械の購入・貸借費、初月の人件費になります。

9.場所を押える

土地と建物を契約します。

ベストの条件を引き出せるように、徹底交渉いたします。

弊社には専属の中国税理士がおり、万全のサポート体制の下、交渉を進めます。

10.設営の準備

機械や設備、必要人員を手配します。

作業効率を考えて工場内のレイアウトを考案します。

11.工場の設営

実際に工場の設営を行っていきます。

12.スタッフ募集

中国の求人サイトを使って人材を募集します。

労働条件、人数など条件を打合せし、ご希望に合わせた人材を採用しやすいサイトを選定し、募集します。

13.スタッフ選考と採用

応募者を書類選考し、面接を行います。

中国で人事の経験がある担当者が面接を行います。

候補者の面接後に率直な意見をご報告し、採用者を決定します。

14.インフラ手配

電気、ガス、水道、ネット環境など工場の稼動に必要なインフラを手配し、契約します。

15.原材料・素材の仕入れサポート

生産する商品の原材料、素材の仕入れのサポートをします。

 

※サポート内容は、工場立ち上げに関わる調査とコンサルティング費用全般です。

含まれる費用は、場所や建物の選定、土地賃貸契約、機械や設備の手配、スタッフの募集や面接です。また中国輸入全般に関わるコンサルティング料金も含まれます。

賃貸の敷金・礼金や毎月の賃料、水光熱費、機械の購入・レンタル費、人件費、日本への国際送料は実費になります。

 

工場スタートアップサポートを限定募集

Amaconが「中国での工場立ち上げ」に必要な全てをサポートします。

現地に事務所を構え、仕入れルートを確立し、常勤スタッフを25名抱えているAmaconだからできる充実の内容です。

今回は先着3名限定で特別料金にてご提供します。

300万にて、工場立ち上げのサポート業務全般を承ります。

具体的なモデルケースの実費(弊社の手配の場合)

・工場の家賃:70㎡で5万円~、410㎡で500万~

・設備:職業用ミシン1台約10万円~

・スタッフ人件費:月額約10万円×人数分

・管理者の人件費:月額約16万円

お支払い方法

  • 銀行振込
  • ペイパル クレジット支払い ※ペイパルでのお支払いの場合は「手数料として商品代金の3.6%」を頂戴します。

お問合せ

※販路を確立し、資金があるのみの募集とさせていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

チャットワークID

お問い合わせ

最新記事一覧

  1. 中国輸入

    営業再開~今後の中国輸入の注意点…
  2. 中国輸入

    営業再開のお知らせ
  3. 中国輸入

    新型コロナウィルス下の中国の現況~2月13日…
  4. 中国輸入

    中国輸入会社に税務調査が入ったら【対処法や事前準備を解説しま…
  5. 中国輸入

    中国輸入で代行会社に検品を依頼するのは損か得か【理由を徹底解…
  6. 中国輸入

    中国輸入は売上で悩む前に融資を取るのが正解【理由と方法を解説…
  7. 中国輸入

    中国輸入ツールの比較とおすすめ【料金や機能をご紹介します】…
  8. 中国輸入

    中国輸入の物流がストップする旧正月に要注意【仕入れ対策も解説…
PAGE TOP