Amazon輸入

商品リサーチの外注化

商品リサーチの外注化

Amazonの商品リサーチについて

Amazon輸出入ビジネスを行う上で商品リサーチは重要です。

また事業としてそれを行うのであれば外注化も重要です。

商品リサーチのノウハウを
知っていたとしてもそれを
自分で実践している限りは
時間を使ってお金を手にしているだけです。

事業を成功させている人は皆
お金を使ってお金を生み出しています。

そのため商品リサーチのノウハウは
人に教えることができるレベルまで
落とし込む必要があります。

しかし単純に外注化するだけだと
人件費が嵩むため
ツールを外注先に貸して
効率化する必要があります。

商品リサーチの外注化の順序

自分で商品リサーチ

1.人を雇って商品リサーチ
or
2.ツールを使って商品リサーチ

人を雇ってツールを使ってもらい商品リサーチ

人を雇うやり方だけだと余計なお金を失い
ツールを使うだけだと余計な時間を失います。

事業としてやるには
無駄な出費は徹底的に省きましょう。

例えば弊社の価格比較ツールを使うとして
粗利30%以上の商品を扱うことを推奨しています。

仕入れのルール

またランキングはカテゴリにもよりますが
10万位以内、ライバル出品者は5人以下などと
明確なルールを決めます。

このような商品は手動では
見つけるまでに時間がかかりますので
時給で報酬を支払っている場合は出費が嵩みます。

もちろん成果報酬で
条件に当てはまる
商品を見つけた時だけ支払う
という契約で仕事を依頼している方もいますが
最初はその条件で契約できても
条件に当てはまる商品がなかなか見つからず
割に合わないと受け手が思えば
それ以後仕事を受けてはもらえなくなります。

輸出入ビジネスと外注化

両者Win-Winの関係を築いていくことが重要ですので
提示するルールは厳しめに、
代わりにツールを提供して作業効率をあげてあげることが
経営者側としては一番いいと思います。

コストを抑えるのは大切ですが
あくまで一番重要なのは
商品を売って利益を出すことです。

商品リサーチが重要という本質を見失わずに
商品リサーチの外注化に取り組んでみてください。

関連記事

  1. Amazon商品カタログに登録されている商品の一括出品方法

  2. Amazon輸出と為替の関係

  3. Amazonで売れる商品ページの作り方とは?【基本編】

  4. Amazonで輸入できない商品について

  5. Amazon輸出 FBAへ直送納品する方法

  6. Amazon個人輸出で儲かる商品の選ぶ3つのコツ

PAGE TOP