Amazon輸入

Amazonスポンサープロダクトの利用料金について

Amazonスポンサープロダクトの利用料の決まり方

Amazonスポンサープロダクトを使ってみようと思っても
具体的な利用料金は書いてありません。

それもそのはずで、Amazonスポンサープロダクトは
オークション形式のクリック課金型の広告だからです。

固定料金ではなく状況に応じて金額が決まります。

スポンサープロダクトの料金はどのように決まるのか
以下のポイントから学んでみましょう。

  • 利用料金は自分で決められる
  • クリック単価について
  • 期間指定で安く利用する方法
  • マニュアルターゲティングで安く利用する方法

利用料金は自分で決められる

パソコン

Amazonスポンサープロダクトでは一日の平均予算を設定できます。

一日の広告費が予算を超えるとそれ以上の出稿を抑えられるため
想定以上の広告費になってしまうことを防ぐことができます。

ただし、予算が安すぎると広告の露出が少なくなるため
安く設定し過ぎてしまうのも問題があります。

一日の平均予算はキャンペーンと呼ばれる広告の一単位毎に設定できるので
広告を多めに出したい商品は予算を高めに
検索数が少なく広告費も少なく済むようなものは予算を安くするといいでしょう。

クリック単価について

Amazonスポンサープロダクトのクリック単価はオークション形式で決まるため
他の商品との競争が激しければクリック単価は高くなります。

ただし、Amazonスポンサープロダクトは他のリスティング広告と異なり
出稿できる出品者や商品が限定されているため競争率は低めです。

Amazonスポンサープロダクトでは上限となるクリック単価を設定できます。

多くの商品では平均5円前後になりますので
常に表示したいなら上限を10円に設定、安い時だけ表示したいなら上限を5円にする
といった使い方である程度クリック単価をコントロールできます。

期間指定で安く利用する方法

コストカット2

なるべく安く効率よくAmazonスポンサープロダクトを利用したいなら
期間指定を上手く使って売れ時に広告を集中させるようにしてみましょう。

顧客がクリックをするだけで売上にまで繋がらないシーズンがあれば
そういった時期を避ける事で費用対効果を高めることができます。

マニュアルターゲティングで安く利用する方法

上級者向けの設定ですが出稿する検索ワード
オートからマニュアルにしてより効率のよいワードに設定することも可能です。

Amazonスポンサープロダクトはオートターゲティングでも十分に機能しますが
非効率なワードを自分で見つけて除外することで無駄なコストを抑えられます。

Amazonスポンサープロダクトの料金

Amazonスポンサープロダクトは自分で利用料金が決められます

そして、使い方次第でさらにコストパフォーマンスを高めることも可能です。

100円からでも出稿できるので、よく分からないという方も
少額から手軽に試すのもいいかと思います。

関連記事

  1. Amazon大口出品する4つのメリット

  2. Amazonで稼ぐ8つの方法

  3. Amazon輸出 FBAへ直送納品する方法

  4. Amazon輸出、在庫の補充についての5つのポイント

  5. seek

    Amazon輸入転売での商品の選び方【モノレートを活用】

  6. Amazonランキング

    Amazon用ツールでランキングを抽出したけどどうやって活用すればいい…

PAGE TOP