Amazon輸入

Amazonのカテゴリー申請がほぼ不要に

Amazonでは以前は

  1. コスメ
  2. 服&ファッション小物
  3. 食品&飲料
  4. ヘルス&ビューティー
  5. ジュエリー
  6. ペット用品
  7. シューズ&バッグ
  8. 時計

という8つのカテゴリに商品を販売するときはカテゴリー申請と呼ばれる審査を突破する必要がありました。

特にこの中でも「コスメ」は並行輸入品の出品が禁止されており、また「食品&飲料」は輸入すること自体に制約があるので、まずは残りの6つのカテゴリーに関して出品申請をして販売を行うのが一般的でした。

しかし現在規制がかかっているのは

  1. ジュエリー
  2. 時計
  3. Amazon限定商品
  4. 一部イタリア商品
  5. ストリーミングメディアプレイヤー

となっています。

食品やアパレルなどが販売しやすくなったということになります。

ただしメーカー規制は相変わらず残っているのでカテゴリ規制をクリアしていても販売できない商品は残っています。

メーカー規制は

  1. メーカーまたは販売業者から発行された請求書1通以上
  2. 商品の販売を許可するメーカーからの販売許可書類1通

でクリアすることが出来ますがメーカー規制は増えているのでせどりなど小売で仕入れている人は今後も苦しくなるでしょう。

やはり継続的に利益を出す為にもメーカーや卸業者から仕入れを行う必要があります。

関連記事

  1. 並行輸入品と正規輸入品の違い

  2. 効果的なAmazon商品画像の作成方法と注意点や仕様について

  3. ドア

    Amazon輸入のツールを徹底的に比較しました!

  4. Amazon輸入で儲からない3つの理由

  5. Amazonスポンサープロダクトとは?

  6. Amazon輸入でのSKUの5つの活用法

PAGE TOP