Amazon輸入

Amazonの出品用画像の撮り方とルール【わかりやすく解説しました】

商品を購入してもらうためにも、
出品用画像はとても重要です。

Amazonでは
メイン画像1枚、サブ画像8枚の
合計9枚の画像を
公開することができます。

実は出品用画像には
Amazonが定める
いつかのルールがあります。

今回は出品用画像の
撮り方とルールをわかりやすく、
詳しく解説していきます。

Amazonでの出品用画像のルール

出品用画像のルールを守らないと、
Amazonから画像を削除されます。

こちらではメイン画像における
8つのルールを解説します。

  1. 純白の背景ではない
  2. 文字が挿入されている
  3. 商品に同梱されないものが写っている
  4. 解像度が悪い
  5. 画像が重ね合わせてある
  6. 拡大写真の使用
  7. 画像が小さい
  8. 外箱の写真の使用

純白の背景ではない



メイン画像の背景は、
本体が白い場合や
Amazonが規定する
カテゴリーの例外の商品を除き、
純白な白でなければなりません。

純粋な白とは、
RGB値が(255, 255, 255)
ものを指します。

なお、サブ画像の8枚は
白の背景を推奨されていますが
必須ではありません。

文字が挿入されている

メイン画像に
グラフィックやイラストを入れることは
出来ません。

余計な加工は
しないようにしましょう。

商品に同梱されないものが写っている

購入者に誤解を与えないために、
商品に同梱されない
アクセサリー類や装飾品などが
一緒に写っている画像は
使用できません。

商品のみが
写った画像にしましょう。

解像度が悪い

解像度の悪い画像は
使用できません。

また、CGなどで作成した
リアルではない画像も使用できません。

画像が重ね合わせてある

画像の上に
画像を挿入することは
出来ません。

他の画像は重ねるのではなく、
サブ画像で使用しましょう。

拡大写真の使用

商品の一部しか写っていない、
拡大された画像は使用できません。

商品の全体像が写っている
画像にしましょう。

画像が小さい

背景が多すぎる画像は
使用ができません。

商品が画像全体の85%を占める
必要があります。

最小サイズ:縦か横の長い側面が500ピクセル
最大サイズ:縦か横の長い側面が2100ピクセル

外箱の写真の使用

本体の写真ではなく、
外箱のみの写真はサブ画像でしか
使用できません。

メイン画像は必ず
背景が純白の白抜きの画像に
しましょう。

Amazonの出品用画像の撮り方

ルールを確認したら、
画像を撮っていきましょう。

  1. 準備する物
  2. 撮影場所
  3. 背景の調整
  4. 撮影時のポイント

準備する物

背景は純白でなければ
いけないため、
純白な背景で撮影できるよう、
撮影キットを購入するか、
自分で撮影環境を作りましょう。

自分で撮影環境を
作る場合は、
画用紙、シーツ、模造紙、コピー用紙
などで背景を作る事ができます。

これらを壁などに上だけ貼り付けて、
垂らすようにします。
カーブさせるように垂らすのが
ポイントになります。

光沢があると
どうしても反射してしまいますので、
光沢がないものが良いでしょう。

撮影場所

撮影場所は太陽光の
入る場所が良いでしょう。

影が映ってしまうと
商品が見えづらくなってしまうので、
強い光の入らない窓際や、
影が出にくい場所を選びます。

あまり近くで撮影してしまうと、
自分の影が入ってしますので
気をつけましょう。

光が強すぎてしまう場合は、
窓を白いゴミ袋などで
覆うと、柔らかい光に
する事が出来ます。
カーテンで
明るさを調節するのも良いです。

暗いからといって
フラッシュを使ってしまうと
色ムラや色あせができたり、
一部分だけ光ってしまうので
フラッシュは使わないようにしましょう。

太陽光をうまく使うことで、
商品の本来の色を
綺麗に出す事が可能です。

背景の調整

背景の白色を
調整しましょう。

カメラの
ホワイトバランスの機能を使います。
これは、
どのような光の下でも
適切な白色を再現するための機能です。

暗すぎる場合は、
露出や感度を調整すると
明るい写真が撮れます。

その日の天気の状態によって
写りが異なってくるので
確認をしながら調整していきましょう。

撮影時のポイント

正面から撮るよりも、
少し斜めから撮るのがポイントです。

真正面からの画像だと、
その商品の厚みが
分かりづらい場合があります。

斜めからの写真にすることによって、
立体感が出るので
一目で商品の感じが掴め、
クリックしてくれる確率もアップします。

また、写真がぶれてしまわないように
三脚を使うのもポイントです。

メイン画像だけでなく、
サブ画像も充実させるために
様々な角度から、
購入者にわかりやすいように
撮影を心がけましょう。

なるべく、
メイン画像1枚、サブ画像8枚
9枚の画像をアップした方が
購入者の心を掴めます。

その他の出品用画像の作成の方法

自分で背景を用意して
撮影する他に、
加工で背景を白くする方法もあります。

こちらの場合はソフトを使って
背景を白く加工します。
少し技術も必要ですが、
綺麗に画像を作成する事が可能です。

また、
商品撮影を代行してくれる会社もあります。
お金はかかりますが
プロが撮影を行うため
綺麗な商品画像を撮ってくれます。

最後に

出品用画像の撮り方とルールを
解説しました。

出品用画像は
Amazonで商品を販売するにあたって
とても重要です。

ルールをしっかり守って
商品画像を作成しましょう。

関連記事

  1. Amazon.com(アメリカアマゾン)への出品登録方法

  2. Amazon輸出と為替の関係

  3. Amazon輸出での出品手数料についての5つのポイント

  4. worldfirst

    WorldFirstをAmazon輸出で活用する方法

  5. Amazon大口出品する4つのメリット

  6. Amazon輸出 無在庫販売で注意すべきこと

PAGE TOP