Amazon輸出

Amazonスポンサープロダクトの効果のほどは?

Amazonスポンサープロダクトの効果

Amazon内で広告を出稿できるスポンサープロダクトですが
この広告から得られる効果はどれほどのものなのでしょうか?

スポンサープロダクトの効果とそれから導き出せる
よりビジネスを有利にするための効果的な
Amazonスポンサープロダクトの使い方
について解説いたします。

  • Amazonスポンサープロダクトによる売上
  • クリック単価と売上の関係性
  • Amazonスポンサープロダクトの効果的な使い方
  • 最終的な目標

Amazonスポンサープロダクトによる売上

計算4

Amazonスポンサープロダクトで得られる売上は
広告費に対して売上が10倍程度に落ち着くことが多いです。

ACoSにすると10%から良い時で20%と費用対効果は高くなっています。

ACoSが5%以下に落ち込むような場合には
ターゲティングをマニュアルにして効果的なワードに絞り込んだり
顧客がその商品を魅力的に思わない他の原因が考えられます。

クリック単価と売上の関係性

Amazonスポンサープロダクトは他のリスティング広告と同様に
コンバージョン率が高いワードのように競争率が高いものは
クリック単価が高騰する傾向にあります。

露出が多い場所に広告を出せば売上は上がりやすくなりますが
クリック単価も上がるため判断の難しいところ
です。

Amazonスポンサープロダクトはオートターゲティングにしておけば
クリック単価の安いところを選ぶ
ようにできています。

オートで出稿するつもりなら
クリック単価はそこまで気にしなくてもいいでしょう。

Amazonスポンサープロダクトの効果的な使い方

広告を出さなくても検索してその商品を購入してくれるなら
Amazonスポンサープロダクトを出す意味はありません。

つまり、売れ筋商品として不動の地位を得た商品よりも
これからの売れ筋を目指している商品を告知することで
売上の底上げを図る
ことがAmazonスポンサープロダクトの効果的な使い方です。

これは顧客の目に止まれば売上に繋がるような商品であることが条件で
ターゲットがハッキリせず魅力的でない商品は不向きだと言えます。

最終的な目標

時間2

Amazonスポンサープロダクトを使って商品の売上を伸ばすなら
最終的にはランキング上位で売上が売上を呼ぶ状況を目指します。

定番商品や人気商品として長期的な売上を得るために
広告でスタートダッシュするような使い方ができれば理想的です。

Amazonスポンサープロダクトの効果

Amazonスポンサープロダクトは非常に高い効果が期待でき
使い方を工夫すればより売上を伸ばすことも実現可能です。

ワードによってはクリック単価も高くなるため
ACoSで費用対効果を見極めながら上手に使っていきましょう。

関連記事

  1. Amazon.com(アメリカアマゾン)への出品登録方法

  2. Amazon輸出無在庫販売で儲ける4つのポイント

  3. Amazon輸出 無在庫販売で注意すべきこと

  4. Amazon輸出で価格設定する際の4つのポイント

  5. 輸出と消費税の還付 自ら課税事業者になる際の2つの注意点 

  6. Amazon輸出での出品手数料についての5つのポイント

PAGE TOP