Amazon輸出

Amazon輸入ビジネスでの3つ注意点

Amazon輸入ビジネスで注意すべきこと

Amazon輸入では失敗をして大切なお金を失ってしまう人も中にはいます。

なぜ彼らがビジネスに失敗してしまったのか?

今回は初心者が失敗しないために知っておきたい
こちらのAmazon輸入販売ビジネスの3つの注意点について解説します。

  • 黒字販売をするための調査を怠らない
  • いつでも売れる商品を選ぶ
  • 人気商品で安定した売上を目指す

黒字販売をするための調査を怠らない

計算5

Amazon輸入での赤字販売は絶対に防ぎたい状況の1つです。

そのためにできることは商品を選定するリサーチ作業の段階で
黒字販売ができるかどうかの調査を徹底することです。

基本的なこととしてAmazonの約15%ほどの販売手数料
輸入時にかかる関税や輸入代行手数料は計算にしっかりと含めていきましょう。

余裕を持って黒字販売できるようにしておけば
Amazon輸入で大損してしまうようなことはありません。

いつでも売れる商品を選ぶ

需要の少ない商品よりも
常に一定の需要がある商品の方が失敗するリスクを下げられます。

いつでも売れるかどうか調べる時にはAmazonの売れ筋ランキングを見ましょう。

100万位以下になるといつ売れるか分からない順位なので
初心者は扱わないほうが無難です。

扱う場合にはすぐには売れないことも考慮して
本当に資金を投入すべきものなのかよく考えておきたいところです。

人気商品で安定した売上を目指す

サポート06

Amazon輸入では何を目指していけばいいのか?

それは売上を伸ばすことで、それが安定した売上であれば理想的です。

売上を右肩上がりにしていくためには人気商品をうまく販売していき
Amazonでの需要を自分のものにしていくことを目指して行きましょう。

人気商品や定番商品と呼ばれるものの販売を増やしていくことで
自分のAmazon輸入の販売基盤を広げていきます。

Amazonには大量の商品販売をサポートしてくれるFBAがあるので
個人規模でも地道に売上伸ばすことは十分可能で
大きな成功を手にすることも夢ではありません。

初めてのAmazon輸入ビジネス

これからAmazon輸入ビジネスに挑戦しようという方は
自分のできることを1つずつ増やしていくことを意識してみてください。

Amazon輸入ではビジネス的な戦略を確実にこなしていくことが
成功のための条件であり、失敗から資金を守る助けにもなります。

黒字での販売ができていれば資金が減ることはありませんから
後は時間を効率的に使ったり、資金を効率的に使うための
自分なりの工夫をしていけるように努力をしましょう。

関連記事

  1. Amazon輸出でのリスク管理について3つのポイント

  2. AmazonでJANコードのない商品を出品するためには?

  3. Amazon輸出 FBA出品にかかる手数料の把握

  4. ヤフオクとAmazonを輸入転売者向けに比較

  5. Amazon輸出 カテゴリー申請

  6. Amazonスポンサープロダクトとは?

PAGE TOP