Amazon輸出

Amazon輸入代行業者を選ぶ時の4つの注意点

Amazon輸入代行業者の選び方

輸入代行業者の中には良い業者もあれば悪い業者もあります。

でも、どんな点をチェックすればいいのか初心者の方には難しいでしょう。

初心者でもわかるAmazon輸入代行業者を選ぶ注意点を4つにまとめて紹介します。

  • 送料が相場よりも高いことがある
  • 日本語対応ができていない業者
  • サポート体制が整っているか
  • オプションサービスについて

送料が相場よりも高いことがある

Amazon輸入代行業者によっては送料が割高なところがあります。

よくあるケースとしては手数料無料を謳いながら
送料などの料金を通常よりも多く請求するものがあります。

同じ配送方法なのだから送料も同じだろう
と思う方が多いかもしれませんがよくあることなので注意しておきましょう。

業者の料金を比較する時には手数料の比率だけでなく
送料もしっかり確認することをすすめます。

日本語対応ができていない業者

サポート02

Amazon輸入代行業者の中には外国人が運営をしているところも多くあり
場合によっては日本語を話せる人がいないという業者もあります。

何かトラブルが起きた際に日本語でやり取りできないことは大きな問題になりますし
日本語サポートが整っていない業者の場合には
そもそもサポートするつもりが無いとも考えられます。

ホームページがあやしい日本語になっている等
手抜きが多く見られる業者は要注意です。

サポート体制が整っているか

商品が不足しているなどトラブルが起きた際には
サポートに相談をすることになるのですが
メールの返事が来るまでに何週間もかかるといったケースが報告されています。

また、仕入れを大規模に行いたいといった場合に
相談できる業者とできないところでは使い勝手も違ってきます。

Amazon輸入代行業者とは長期間付き合っていくことになりますから
サポートの充実した信頼のできる業者を探すことが何より重要です。

オプションサービスについて

サポート01

Amazon輸入代行業者ができることは商品を買って日本に送るだけではありません。

ショップから届いた商品の確認や不良品のチェックなどは
日本に発送するよりも前に確認を済ませなければ返品交換が難しくなります。

そうしたAmazon輸入代行業者に任せたほうが良い作業を
オプションサービスとして提供しています。

商品チェックは無料のところもあれば
有料になっている業者もあるので確認しておきましょう。

業者にどこまでやってもらいたいのか
自分自身が求めているものを知るという意味でも重要です。

信頼できるAmazon輸入代行業者を選ぼう

今回は4つの注意点を紹介しましたが
特に重要視してもらいたいのはサポート体制についてです。

日本語で対応できてメールの返事も来るところであれば
何か起きても対応して貰える可能性が高いためです。

信頼できる業者であれば長く利用でき
輸入ビジネスに集中して取り組むことができる
でしょう。

関連記事

  1. worldfirst

    WorldFirstをAmazon輸出で活用する方法

  2. Amazonスポンサープロダクトとは?

  3. Amazon輸出、在庫の補充についての5つのポイント

  4. Amazon輸出無在庫販売の出品数における3つの注意点

  5. Amazonセラー分析方法

  6. Amazon輸出でEMSを利用するにあたって

PAGE TOP