Amazon輸出

Amazon輸出、在庫の補充についての5つのポイント

Amazon輸出の在庫の補充

Amazon輸出でもFBAを活用する方が増えていますが
何もかもやってくれるFBAでも
在庫の補充だけは絶えずしておく必要があります。

今回はAmazon輸出FBA販売における大切な作業である
在庫の補充のための手続き
について解説します。

FBAの在庫補充ではこちらの5つのポイントを抑えればすぐに実行可能です。

  • 在庫をチェック
  • 発送オーダーを作る
  • 他の商品も一緒に補充する場合
  • 在庫補充するタイミング
  • 値下がり商品に注意

在庫をチェック

パソコン

在庫数のチェックは欠かさずやっておきましょう。

在庫がゼロになって他の出品者に売上を奪われてしまわないように
在庫が少なくなったらすぐに補充できるような体制にしておきます。

発送オーダーを作る

FBAに納品するための発送オーダーを作ります。

INVENTORY画面にいき、補充したい商品を選択したら
「Send/Replenish Inventory」を選んでGOボタンを押して
FBA納品の手続きを始めます。

他の商品も一緒に補充する場合

「Send/Replenish Inventory」の画面では
先ほど選択した商品だけがリストアップされていますが
ここに他の商品も追加したくなったら右上で「Add Products」を押して
別の商品もリストに追加することができます。

追加をしたら補充する個数を設定することも忘れてはいけません。

その後は以前にFBA納品をした時と同様に商品を発送
FBA倉庫に商品を届けます。

在庫補充するタイミング

時間4

Amazon輸出では商品をFBA倉庫に届けるまでに
時間がかかることも考慮して早めに補充をしておきましょう。

補充するかどうかのラインは
商品の売れ行きを見ながら決めるといいでしょう。

AmazonのFBAの在庫は何個分か数字がバラつくこともあるので
売れ残りの心配がないなら早めに納品してしまっても構いません。

値下がり商品に注意

在庫の補充をしない方がいいケースもあります。

それは値下がりが起き始めている商品です。

値下がりをしていてもまだ利益が出ているうちはいいですが
場合によっては採算ラインを割ってしまうことも
Amazon輸出ではよくあることです。

値下がりし始めたと思ったら
補充する量を減らしてリスクを回避する判断も時には必要です。

補充を見送ってしばらく様子を見るのもいいかもしれません。

値下がりが止まれば補充を再開して
これまで通りの販売を続けるといった臨機応変な対応をしていきましょう。

Amazon輸出と在庫の補充

在庫の補充は大切な作業なので忘れないようにしてください。

在庫数のチェックも大切ですが、商品相場の状況を見ながら
今後の行動を考える時間も必要になります。

関連記事

  1. worldfirst

    WorldFirstをAmazon輸出で活用する方法

  2. Amazonランキング

    Amazon用ツールでランキングを抽出したけどどうやって活用すればいい…

  3. Amazon価格改定のタイミング

    Amazon価格改定のタイミング

  4. AmazonでJANコードのない商品を出品するためには?

  5. Amazon評価リクエストの活用法

  6. 輸出と消費税の還付 自ら課税事業者になる際の2つの注意点 

PAGE TOP