Amazon輸出

Amazon輸出でのリスク管理について3つのポイント

Amazon輸出とリスク管理

Amazon輸出では常にトラブルが起こるリスクがあります。

商品が不良品である可能性もあれば
配送途中で事故が起こり再配送が必要になることもあるでしょう。

トラブルが起きてから対処をしては
間に合わないようなリスクもあります
ので
今回紹介するこちらの3つの点に気を付けてリスク管理をしてみてください。

  • 不良品や事故に対するリスク管理
  • 無在庫販売で必要なリスク管理
  • リスクと資金管理について

不良品や事故に対するリスク管理

驚き

不良品や配送事故が起きた場合には
お客様と連絡を取る必要が出てきますし
迅速に対応しなければ悪い評価をされてしまいます。

不良品や事故が起きるリスクに対して
どういった対応をするのか、どんな対応ができるのか
考えておくといいでしょう。

例えば、交換品を余分に残すようにして
すぐに交換品を送れるように準備をしておく
のもいいでしょう。

すぐに仕入れができる店舗と仕入れ可能な商品をまとめておけば
予備の商品を持たずに対処することもできます。

無在庫販売で必要なリスク管理

在庫を全く持たずに販売をしていたり
仕入れ商品が届く前から販売をするといった
無在庫販売のような手法で販売をする時にはリスク管理が必要です。

何故かと言うと仕入れる予定だった商品が品切れになっていたり
商品が手元に届くまでに時間がかかることが想定されるからです。

遅れることが分かればなるべく早くお客様に伝える必要があります。

こういったトラブルに巻き込まれないように
確実に仕入れができる実店舗からの仕入れルートのみで
無在庫販売をするといったやり方も
あります。

リスクと資金管理について

お金05

Amazon輸出では資金管理も重要なリスク管理になります。

何故かと言うと何かトラブルが起きた際には
想定外の出費が出ることになるためです。

資金が不足して仕入れが滞ったりすれば
販売する効率が悪くなってしまいます。

リスク管理をしていく上では
資金不足に陥らないように一定の余剰資金を
確保しておく
ようにしましょう。

Amazon輸出でのリスク管理

Amazon輸出を始めたばかりではリスク管理まで
考えて行動するのは少し大変かもしれません。

ですが、なるべく早めにトラブルへの対処法を
自分なりに確立しておく
ことが
Amazon輸出ビジネスを安定して続けるために役立ちます。

輸出販売の流れが理解できてきたという方は
トラブルに出会ったしまう前に
その時に行動すべきことをまとめておくことをオススメします。

関連記事

  1. Amazon輸出で価格設定する際の4つのポイント

  2. 輸出と消費税の還付 自ら課税事業者になる際の2つの注意点 

  3. Amazon輸出入での商品登録時の3つの注意点

  4. Amazonスポンサープロダクトの効果のほどは?

  5. Amazon輸出での梱包についての5つの注意点

  6. AmazonでJANコードのない商品を出品するためには?

PAGE TOP