Amazon輸出

Amazon輸出を始めるための4つの手順

Amazon輸出の手順

個人で起業をしたり脱サラや副収入を得るためのビジネスとして
今はAmazon輸出が話題になっています。

輸出と聞くと難しそうですがAmazon輸出は数人いればできる作業量であり
FBAなどを前提とすれば例え一人でもできるビジネスになっています。

しかし、やり方を知らなければAmazon輸出には算入できません。

今回はビジネス初心者の方を対象にAmazon輸出までの基本ステップを解説します。

  • まずはリサーチから
  • 海外Amazonで販売者登録をする
  • Amazonに商品を出品する
  • 顧客に商品を発送する

まずはリサーチから

リサーチ01

Amazon輸出をするためには販売する商品を決めておく必要があります。

そのために価格相場をチェックするリサーチ作業をしておきます。

リサーチとは日本で仕入れできる商品の中から
海外で高値になっているものを見つけ出し
コスト計算をして採算がとれるかどうか1つずつチェックする作業です。

十分な差額があり送料などのコストを上回る売上が得られそうなら
仕入れを行いAmazon輸出で販売をする準備を進めます。

リサーチ作業ではツールを使うことが一般的で
無料の相場チェックツールなどをうまく使いこなすことがコツです。

海外Amazonで販売者登録をする

販売する商品の目星がついたら販売する準備を進めていきましょう。

Amazonで商品を販売するためには出品者登録をする必要があります。

その際には月額料金を支払うクレジットカード情報
海外紙幣の受け取りをするための銀行口座も必要になります。

国によっては法人口座が必要になることもあるため
レンタル法人口座サービスを利用することもAmazon輸出では一般的です。

Amazonでは誰でも販売者登録ができ
審査もありませんので手続きをするだけです。

Amazonに商品を出品する

販売する準備が整えば次は商品の仕入れと出品です。

Amazonで出品する時にはすでにある商品ページを利用できるため
英語力も必要なく、ボタンを押して個数や価格を設定するだけです。

商品ページを自分で準備しなくていいので商品の出品はとても簡単です。

他の輸出ビジネスとしてeBayもよく取り上げられますが
商品ページが流用できるAmazonは商品の販売がすぐに終わるところが
eBayとAmazonの大きな違いになっています

顧客に商品を発送する

amazon15

商品を出品したら毎日売上情報を確認することが日課にしましょう
もしも、売上があればできるだけ早く商品を発送しておきます。

海外配送では法律による規制や関税があるため
配送可能かどうか事前に確認しておく
ことも必要です。

Amazon輸出では配送日数の関係でEMSを使うことが多く
場合によってはSAL便を使うこともあるようです。

Amazon輸出を始めるステップ

輸出ビジネスでも国内向けの物販ビジネスとやることは同じです。

仕入れ価格を抑え、仕入れた商品を早く売る
売上を伸ばすためには発送作業の効率化も重要です。

配送作業を委託できるFBAを効果的に使えば
自分の時間を取られることなくAmazon輸出に取り組むこともできます。

まずは、Amazon輸出にどんな可能性があるのか
仕事の休憩時間でもできるリサーチ作業から挑戦してみましょう。

関連記事

  1. Amazon個人輸出で儲かる商品の選ぶ3つのコツ

  2. Amazonスポンサープロダクトの利用料金について

  3. worldfirst

    WorldFirstをAmazon輸出で活用する方法

  4. Amazonスポンサープロダクトを使う3つのメリット

  5. Amazon輸出での梱包についての5つの注意点

  6. Amazon輸出でのリスク管理について3つのポイント

PAGE TOP