Amazon輸出

Amazon輸出代行を使う5つのメリット

Amazon輸出代行のメリットとは

Amazon輸出代行は輸出ビジネスにおいて重要なサービスです。

輸出ビジネスを始める時に
必ず使い方を学ばなければならないといって過言ではありません。

しかし、なぜAmazon輸出代行を利用する必要があるのか
疑問に思っている方も多いでしょう。

その答えは次の5つに集約できます。

  • FBA納品が可能になる
  • 配送スピードをより早くできる
  • 運送コストを安く抑えるため
  • 作業効率をアップできる
  • キャッシュフローの効率化

FBA納品が可能になる

amazon14

Amazon輸出代行を使うとFBA納品ができるようになります。

FBAとはAmazonに注文後の手続きを全て委託できるサービスのことで
Amazonビジネスでは非常に重要なサービスなのですが
海外から発送された荷物はFBA倉庫に納品できないという問題点があります。

Amazon輸出代行を利用することで、一度現地の代行業者の倉庫に荷物が届いてから
FBA納品を行う
ため日本から輸出販売をする場合でも
FBA納品ができるようになるのです。

配送スピードをより早くできる

Amazon輸出では配送スピードを高めることで販売数を押し上げる効果が得られます。

消費者としての立場で考えると分かりやすいですが
「商品配達まで2週間」の商品と「商品配達まで1日」の商品があったら
より早く手元に届く後者の方を選ぶ人が多いのです。

配送スピードを早めることができればより多くの商品を売ることができます

運送コストを安く抑えるため

コストカット3

直接海外の顧客に商品を届けるような方法では
商品を1つずつ個別に海外配送しなくてはなりません。

これは運送コストがその分ムダになっているということでもあります。

Amazon輸出代行を使うことで一度の配送でたくさんの商品を現地に届けられますから
送料コストを安く抑えることができるようになります。

作業効率をアップできる

Amazon輸出代行を使う場合には商品を個別に梱包する手間がかかりません。

やってみると分かりますが
注文を受けてから商品を梱包して発送する作業は大きな負担になります。

数百、数千という商品を取り扱うようになると
とても自分だけでできる作業料ではありませんから
輸出代行やFBAを駆使して事業全体の作業効率をアップしていく必要があるのです。

キャッシュフローの効率化

輸出代行を利用することで商品が配達するまでの時間が短縮できることは
キャッシュフローの効率化を意味しています。

売買の回転数を上げることで
同じ資金でもより多くの利益が得られるようになります。

手数料コストが増えてしまっても
それ以上に多くの販売機会を手にすることができることで
輸出ビジネスの規模拡大に繋げることができます。

Amazon輸出代行の価値とは

まとめるとAmazon輸出代行は
輸出ビジネスの拡大に貢献するところに価値があります

FBAを使えば現地で販売する事業者と同等のサービスが実現可能になり
日本に住んでいるメリットを活かしたビジネス展開ができるようになるのです。

これは現地に流通拠点を持つ
代行業者だからこそできること
であることもよく覚えておきましょう。

うまく使いこなせば利益を最大化することに
大きく貢献してくれるツールなのです。

関連記事

  1. 改定

    AmazonFBAの価格改定について

  2. Amazon価格改定のタイミング

    Amazon価格改定のタイミング

  3. Amazon輸出と為替の関係

  4. WorldfirstとPayoneerの比較

    WorldfirstとPayoneerの比較

  5. Amazon輸出無在庫販売とは

  6. Amazon輸出での利益を計算する方法

PAGE TOP