Amazon輸出

Amazon輸出無在庫販売の出品数における3つの注意点

Amazon輸出での無在庫販売の注意点

Amazon輸出では売上の機会を増やすために
少ない資金で手広く商品数を増やせる無在庫販売をすることがよくあります。

しかし、輸出販売で無在庫販売をする時には
細心の注意を要するところが3つあります。

初心者にぜひ知ってほしいAmazon輸出の無在庫販売の注意点はこちらです。

  • 無在庫販売では売上が得られない
  • 無在庫販売が失敗するリスク
  • ライバルが多い現状

無在庫販売では売上が得られない

疑問06

Amazon輸出では無在庫販売をする商品を増やしても
それほど売上が伸びないことがわかっています。

何故かと言うと商品到着までの日数が少なくとも1週間
長ければ2週間以上もかかってしまうためです。

また、個別に配送するために送料が高く付いてしまうことから
送料の高さで敬遠されたり
商品代金の割高感で避けられる
ことが多くなります。

売上が少ない致命的な理由は後述しますが
理想通りに売上が伸びないことは知っておくべきかと思います。

無在庫販売が失敗するリスク

Amazonでは商品到着までの日数を自分で指定するのですが
それを守れなかった場合には低評価をされる可能性が高まります。

そして、買ってもらいやすいようにギリギリの日数にしてしまうと
海外配送途中で荷物が止まった場合に制限時間をオーバーしてしいます。

海外配送では通関で荷物が足止めされることも少なくないので
低評価のリスクを下げるためには日数を伸ばすしかありません。

日数を伸ばすと売上が減るというジレンマに陥ります。

ライバルが多い現状

リサーチ06

何より無在庫販売がうまくいかない理由
無在庫販売をする日本のライバルが増えてしまったことが原因です。

無在庫販売自体はそれほど悪くない販売方法なのですが
無在庫販売だけで利益を得ることはかなり厳しい情勢になってきています。

同じ無在庫販売という販売方法だけではAmazon輸出への参入が難しい現状では
FBAを積極的に使うといった攻めの姿勢が重要になってきています。

Amazon輸出無在庫販売の活用方法を考えよう

無在庫販売だけではライバルに埋もれてしまう難しい状況ですから
別の販売方法も組み合わせながらうまく売上を伸ばしていくことが必要です。

ライバルよりも有利に売れる状況であれば
まだ無在庫販売という手法にも可能性はあります。

これから参入するという方はFBAなどの別の手段
自分の実績を積むことを考えながらAmazon輸出に取り組んでみましょう。

関連記事

  1. Amazonで売れない商品対策

    Amazon輸出で売れない商品を売る方法

  2. Amazon輸出、在庫の補充についての5つのポイント

  3. WorldfirstとPayoneerの比較

    WorldfirstとPayoneerの比較

  4. AmazonでJANコードのない商品を出品するためには?

  5. Amazon輸出は本当に飽和した?

  6. worldfirst

    WorldFirstをAmazon輸出で活用する方法

PAGE TOP