Amazon輸出

worldfirst

WorldFirstをAmazon輸出で活用する方法

【Amazon輸出に必須】受取口座サービス

Amazon個人輸出をするには、海外に法人口座が必要になってきます。
というのも、諸外国のAmazonの売り上げは
日本の銀行口座では受け取ることが出来ないのです。

かといって海外に法人口座を作るのは、手間や費用を考えるとなかなか大変です。

では、Amazon輸出をしている方々は
どうやって売り上げを受け取っているのかというと
売上を受け取るための海外口座を開設するサービスを利用しているのです。

その受け取り口座サービスの中でも主流となっているのは、
Payoneerと今回紹介するWorldFirstです。

特にWorldFirstは最近注目を受けています。

WorldFirstとPayoneerの比較についても
記事を書かせていただいているのでそちらもご覧下さい。
→WorldFirstとPayoneerの比較

WorldFirstが注目を受ける理由

WorldFirstが注目されている理由は以下の点が非常に大きいと思います。

  1. 売り上げ受け取り手数料が無料。
  2. 年会費・口座維持費が無料。
  3. 対応国が多い。
  4. 為替レートが送金額に応じて変化。

売り上げ受け取り手数用が無料

Payoneerでは売り上げの1%が手数料として取られてしまいますが、
WorldFirstでは1%の手数料が発生しません。
※Payoneerでも累計受取額$200,000に達すれば手数料無料になります。

1%でも売り上げが大きくなれば非常に大きな金額になります。

これだけでもWorldFirstを利用する価値があるくらい大きなメリットです。

年会費・口座維持費が無料

年会費・口座維持費が無料となります。

大した額ではありませんが、
出来るとこはコストカットして行きたいですね。

対応国が多い

WorldFirstは対応貨幣が多く、
アメリカ、カナダ、EU諸国、イギリスの通貨に対応しています。

為替レートが送金額に応じて変化

通常2%固定の為替レートが1~2%の間で可変します。

送金額が大きくなればなるほど、送金為替レートが優れたものになるので
ビジネスの規模が大きくなるほど魅力的です。

WorldFirstをAmazon輸出で活用する方法のまとめ

以上のようにWorldFirstにはたくさんのメリットがあります。

Amazon輸出受け取り用海外口座サービスでは、
WorldFirstを活用するのがおすすめです。

しかしながら、
送金額が$1,000未満だと手数料が発生するといったデメリットも存在するので、
少額利用される方はPayoneerも候補に入れて考えたほうがいいでしょう。

関連記事

  1. Amazon輸出 返金・返品対応の3つのポイント

  2. Amazon輸入ビジネスでの3つ注意点

  3. Amazon輸出、在庫の補充についての5つのポイント

  4. Payoneerの登録方法

  5. worldfirstの登録

    WorldFirstの登録方法【Amazon輸出用口座】

  6. Amazonセラー分析方法

PAGE TOP