Amazon輸入

Amazonで輸入できない商品について

Amazonには輸入できない商品がある

海外のAmazonから輸入をする場合には気を付けておきたいことがあります。

輸入禁止の製品で税関等で引っかかってしまうと
使った仕入れ費用がムダになってしまうためです。

今回はそういった輸入ビジネスで知っておきたい
輸入不可の商品の特徴を4つのポイントにまとめました。

  • 違法性のある製品
  • 危険物
  • 医薬品
  • 食料品

違法性のある製品

輸出輸入17

輸入する国と輸出する国の
どちらかに当てはまる禁制品は輸入することができません。

例えば、覚醒剤や大麻などの違法薬物
それらの吸煙器も規制の対象になります。

違法性のわかりやすいものもあれば、モデルガンや模造刀のような
一般流通していているカテゴリーの商品でも輸入できないものがあります。

危険物

輸入のできない危険物として可燃性や爆発する危険のあるものや
化学薬品や感染症の媒体となってしまうものがあります。

身近なものではスプレー缶やライターやリチウムイオン電池が爆発性があり
危険物として航空機での配送を拒否されることがあります。

マニキュアのような科学的な性質の強いものも
化学薬品として扱われるので注意しましょう。

医薬品

計算3

医薬品は違法なものではありません
輸入量が制限されていますので輸入ビジネスでの取り扱いは厳しいでしょう。

医療器具や医療用具についても寄生があります。

どちらも輸入する個人が1ヶ月から2ヶ月程度
本人が使うであろう分量だけが許されています。

ビジネス用途であると判断されると税関で止まってしまいますので
初心者には難しいカテゴリーになっています。

食料品

食料品全般には輸入が禁止されているものが細かく決められています。

また、航空会社に配送を拒否されてしまうこともよくあります。

海外の食料品を取り扱いたい場合には食品衛生法に基づく届け出が必要で
そこからさらに安全性の検査や検疫所の審査といった難関があります。

ですので、食料品は気軽に輸入できるカテゴリーではありません

本格的に参入をして手続きする手間も惜しまないのであれば
輸入することは不可能ではないということは覚えておくといいでしょう。

Amazon輸入では禁制品に注意

今回は海外Amazonから輸入できないものを大まかに分類して紹介しましたが
実際はこれよりも具体的に輸入を禁止する法律が作られています。

カテゴリーを絞り込んで詳しく調べておけば
輸入できるかできないか自分で見分けることは難しくありません。

法律は月日に変わっていくものでもありますから
初心者の方もAmazon輸入で自分が取り扱うカテゴリーについて
常に正しい知識を得られるようにしておくことも重要です。

関連記事

  1. Amazon出品者評価の上げるには?

  2. Amazon輸出入での商品登録時の3つの注意点

  3. Amazon輸入ビジネスとは?

  4. Amazon評価リクエストの活用法

  5. 改定

    AmazonFBAの価格改定について

  6. Amazon輸入ビジネスでよくある失敗例

PAGE TOP