Amazon輸入

Amazon大口出品する4つのメリット

Amazonの大口出品にはどんなメリットがあるのか

Amazonでは大口出品と小口出品があり
販売者登録をする時に最初に選ばなくてはいけない重要な選択です。

まず最初に伝えておきたいのは、輸入ビジネスなどのケースでは
間違いなく大口出品の方が正しい選択になる
ことです。

なぜ大口出品の方がいいのか
今回はこちらのメリットからその理由を紐解いてみましょう。

  • 手数料が安い
  • 一括出品ツールがある
  • 配送料が指定できる
  • カートボックスに表示できる

手数料が安い

コストカット2

ビジネス用途でAmazon転売をする場合には
必ず大口出品の方が手数料が安くなります。

小口出品は月額料がゼロ円で一見すると魅力的ですが
売上毎に発生する基本成約料が積み重なると
簡単に月額料金約5000円を上回ってしまいます。

大口出品では成約料は発生しないので
販売手数料のみでAmazonから利益を守ることができます。

一括出品ツールがある

輸入ビジネスなどではより多くの商品を取り扱い
販売機会を少しでも増やそうとするのですが
個別に出品をする作業は手間のかかる作業で大変です。

一括出品ツールを使うことで煩わしい出品の手間も解消できます。

配送料が指定できる

大口出品では配送料を自分で決めることができ
より本来の送料に近い価格を受け取ることが出来ます。

輸出ビジネスの場合には重量制により料金がきまることが多いですから
重量制にして海外から配送するのもいいでしょう。

代金により変動するタイプは高級時計や宝石などの売買で
より高く配送料を取りたい時に利用できます。

カートボックスに表示できる

amazon

Amazonの商品ページにある購入ボタンは
Amazonの商品ページで一番目立つ位置にあり
そこから購入できる状態だとより多くの売上を自分のものにできます。

大口出品になるとカートボックスに入り込むことが可能になるため
最安値での販売や高い販売サービスを展開していくことで
Amazonの中の最高の販売場所を自分のものにもできます。

カートボックスとは「カートに入れる」のボタンがあるエリアのことで
そのエリアに表示されるためには
カートボックスの資格を獲得する必要があります。

Amazonと大口出品

Amazonビジネスでは大口出品をすることが基本です。

最初は小口出品でもいいかと思う方も多いようですが
実際に販売をしてみると売上はすぐに増えていくので
はじめから大口出品にしておき
大量の商品を売るための準備をしておく方が賢い選択
です。

多くの商品を管理できるようになれば
Amazonビジネスでより多くの利益を得る日も近くなります。

関連記事

  1. Amazon出品者評価の上げるには?

  2. 並行輸入品と正規輸入品の違い

  3. Amazon輸入転売で稼げない4つの理由

  4. Amazon輸入でのSKUの5つの活用法

  5. Amazonセラー分析方法

  6. Amazon輸入で儲からない3つの理由

PAGE TOP