Amazon輸入

Amazon輸入で儲からない3つの理由

Amazon輸入で儲からないのはなぜか

Amazon輸入をやってみて思うように儲からないという人がいます。

確かに競争相手の増えてきた今のAmazon輸入業界では
従来のシンプルな輸入販売手法では儲からなくなっています。

なぜうまく儲けられていないのか
Amazon輸入での売上が伸び悩んでしまう原因を3つ紹介します。

  • 先駆者に負けてしまう理由
  • 初心者が儲けるまでには時間がかかる
  • 効率化が進んだAmazon輸入

先駆者に負けてしまう理由

疑問04

Amazon輸入はもう新しいビジネス手法とは言えない
そんな時代に入っているのかもしれません。

先駆者が多くいる現在では小手先のテクニックだけで
すぐに儲けられる商品は少なくなっています。

また、長く輸入ビジネスを営んでいる人と
これから始める人を比べると経験の差も大きいのも問題です。

ただし、新規では何もできないというわけではありません。

Amazonではより価格が安い販売者が優遇される点がありますので
先駆者が売上を独占し続けることは簡単なことではなく
仕入れの効率化をする新規の販売者と入れ替わることもまだまだあります。

初心者が儲けるまでには時間がかかる

初心者と呼べるうちは儲からないと判断するには早すぎます。

何故ならAmazonでは評価システムによって売上が左右されるからです。

特に初心者が立ち上げた新規のアカウントではその影響が大きく
ある程度評価が得られるまではライバルと同じようにできていても
売上に差が生まれてしまうのです。

このような環境ですので、儲からないという判断が早過ぎる
うまくやって築いてきた土台を捨ててしまうことになりかねません。

長期的な視野でAmazon輸入ビジネスに取り組むことも大切なことです。

効率化が進んだAmazon輸入

計算2

Amazon輸入でも輸入代行業者を使った効率化が進んでいます。

特に国外から日本に届くまでの輸送コストがかさみがちな輸入ビジネスでは
いかに輸入コストを下げるかが課題となっていて
高度な効率化が求められています。

大規模な仕入れを行うことや、船便を使った輸送など
戦略次第でできることはまだあります。

ただ、個人輸入して転売するだけでは儲からない商品も多いのは
業界全体で効率化が進んだ結果だと言えるでしょう。

Amazon輸入で儲けるためには

うまく儲けるためには既存の販売者との競争に勝つことや
今も新しく生まれ続けている商品需要に対する投資も必要です。

これからAmazon輸入に挑戦する方は
商品リサーチに特に力を入れていきましょう。

戦略的に行動することで失敗を減らしていくことが
これからのAmazon輸入で生き残る秘訣です。

関連記事

  1. Amazonスポンサープロダクトとは?

  2. Amazon商品カタログに登録されている商品の一括出品方法

  3. 並行輸入品と正規輸入品の違い

  4. Amazon大口出品する4つのメリット

  5. Amazon評価リクエストの活用法

  6. Amazon価格改定のポイント【出品者向け】

PAGE TOP