Amazonツール

ドア

Amazon輸入のツールを徹底的に比較しました!

ツールを上手に活用することで
作業時間を大幅に短縮することができます。

Amazon輸入を行うにあたって
ツールは欠かせないものです。

今回はAmazon輸入の無料・有料ツールを
徹底的に比較していきます。

Amazon輸入のツールの比較

Amazon輸入ツールには
無料のものと有料のものがあります。

もちろん、有料のものの方が性能は良いですが
お小遣い稼ぎでやっている方や、
始めたばかりであまりお金をかけたくない方には
無料ツールもおすすめです。

自分のAmazon輸入のスタイルに
合ったツールを選びましょう。

Amazon輸入で使える無料ツール

無料ツールも沢山存在しますが
無料だからといって、なんでも使えば良い
というわけではありません。

それぞれの用途に合った
適切なツールを使用することで
お金をかけずに時間を生み出すことが出来ます。

こちらでAmazon輸入おすすめの無料ツールを
5つに厳選しましたので、ご紹介します。

  1. Takewari(竹割)
  2. モノレート
  3. camelcamelcamel
  4. AmazonFBA料金シュミレーター
  5. アマトピア(顧客フォロー機能)

Takewari(竹割)

 

無料で済ませるのであれば、
価格比較系のツールが
必要となってきます。

そういったツールは他にもいくつかありますので、
何を使っても良いのですが
ここでは有名な「Takewari」を
ご紹介します。

「Takewari」は
世界8カ国と日本のAmazonで
商品の横断検索・通貨換算・価格比較できるツールです。

商品名、ASIN、ISBN、を使って
検索をすることができます。

また、ジャンル別ベストセラー情報も
確認することが可能です。

このような無料ツールでのリサーチ方法は
キーワードで絞り込み、
1つ1つチェックしていく。といった方法になります。

地味な方法ではありますが
初心者の方は、まずは
利益が出せるということを
自分の目で確かめながら進めることも大切です。

Takewariの公式サイトはこちら

モノレート

 

旧サイト名はAmashow(アマショウ)でしたが
2014年にモノレートに変わりました。

「モノレート」では、
価格の変動、最安値、出品者数、
ランキングなどの情報を
取得することが出来きます。

このサイトを参考にすれば、
だいたいの販売数が予測出来るため、
仕入れる数にあたりを付けられます。

また、同時に価格の変動や、
出品者数の増加などにも注意するようにしましょう。

モノレートの公式サイトはこちら

camelcamelcamel

 

「camelcamelcamel」では、
仕入れたい商品に
事前にボーダーを設定しておくと、
自分の希望価格を下回った時に
メールで知らせてくれます。

小売仕入れでのポイントは、
変動する価格の中で
いかに安い時に買うか、
ということになってきますので、
まだ卸仕入れに至っていない方には
必須とも言えるサイトです。

ボーダーは、
自分の好きな価格で設定出来ますが
過去のデータの最安値にしてしまうと、
なかなかメール通知がこなくなります。

おすすめの使い方としては、
厳しく判定をするアカウントと、
最安値よりも少し上に設定しておくアカウントの
2つを用意すると、スムーズになります。

camelcamelcamelの公式サイトはこちら

AmazonFBA料金シュミレーター

 

「FBA料金シュミレーター」は
Amazonが提供している
料金計算ツールになります。

こちらは割と使っていない方も
多いようですが、
正確な料金を計算するためには
必ず必要です。

Amazon輸入で赤字になる人は、
この計算をしっかり行っていない、
または計算が間違っている人です。

確実な利益を得るためには、
正確に計算をすることが大切です。

FBAシュミレーターはこちら

アマトピア(顧客フォロー機能)

 

商品を購入してくれたお客さんに、
決まった時間経過後に
評価をお願いするメールを
送ること(顧客フォロー)ができます。

「アマトピア」には
他にも沢山の機能(有料)がありますが
この「顧客フォロー機能」は
無料で使用することが出来ます。

複数の機能があり他のものは有料ですが
顧客フォロー機能は
無料で使うことが出来るため
Amazonで販売している人は
是非使って下さい。

セラーセントラルから
手動で送ることもできますが
時間の無駄になるだけですので
ここはツールを使いましょう。

評価依頼メールを送ると、
評価を書いてもらえる確率が
5~10倍になります。

評価は販売促進においても
重要ですので、書いてもらえるように
頑張りましょう。

アマトピアの公式サイトはこちら

Amazon輸入で使える有料ツール

有料ツールは無料ツールよりも
良い性能を持っているものが多いです。

しかし、中には
料金に見合わない質の良くないツールも
存在します。
目的にあった、質の良いツール選びが大切です。

ビジネスとしてAmazon輸入を行っている方には
有料のツールが必須になってきます。

ここではAmazon輸入有料ツール
5つを徹底的に比較していきます。

  1. マカド!-MAKAD-
  2. プライスター
  3. アマテラス
  4. PRIMA
  5. アマトピア

マカド!-MAKAD-

 

Amazonでの価格改定、出品、売上げ管理を
サポートしてくれるツールです。
また、30日間無料で使用することが出来ます。

機能

  • 価格自動改定機能
  • 売上・利益自動計算
  • データ収集機能
  • 出品機能
  • サンクスメール自動送信機能

価格自動改定機能

ボタンひとつでかんたんに設定が可能です。
最安値をキープしたり
中古商品の同コンディションの価格と合わせたり
最安値より何円・何%値下げ、値上げなど
細かい設定が出来ます。
365日24時間素早く価格改定を行います。

売上・利益自動計算

送料の加算、ポイントの減算の計算、
商品が売れた際のAmazonの
手数料も正確に自動で集計してくれます。
商品の仕入れ金をあらかじめ登録しておくと
それらを踏まえた粗利・利益率・実際の
入金額も自動で算出が出来ます。

データ収集機能

在庫資産の合計・仕入れ価格の合計・在庫数の合計、
月別・日別の売り上げ・粗利・販売数などを
自動で集計してくれます。
また、売れた商品を瞬時に表示し、
利益額・利益率・ROIも
自動で計算します。

出品機能

僅か数秒で1商品を出品す得る事が出来ます。
FBA出品への対応もしています。

サンクスメール自動送信機能

自動でお礼と評価を送るメールが
送信出来ます。

◎価格

月額4800円

マカド!の公式サイトはこちら

プライスター

 

価格改定、出品、
売れた商品の利益計算を
自動で行ってくれるツールです。
こちらも、マカドと同じで
30日間無料で使用することが出来ます。

機能

  • かんたん出品
  • 価格自動改定
  • 売り上げ自動計算
  • 評価依頼メール送信機能
  • リピート販売機能
  • 月間ランキング

かんたん出品

手間なく出品が出来るように
様々な事をまとめて編集する工夫が
ほどこされています。

価格自動改定

1クリックで価格の自動変更が可能です。
早く売りたい商品は最安値に、
高く売りたい商品は同じ状態の商品価格に
と調整が出来ます。
また、5つのパターンの中から
改定方法を選べます。

売り上げ自動計算

仕入価格の管理から
商品ごとのAmazonの手数料の計算、
月ごとの売上や仕入れの集計などを
自動で計算してくれます。

サンクスメール送信機能

自動でお礼と評価を送るメールが
送信出来ます。

リピート販売機能

仕入れ先の商品をすぐ探せるように、
モノレートボタンや、ヤフオクボタンや、価格.com
ボタンが付いています。
1クリックで検索が可能です。

月間ランキング

プライスターを使用している
ユーザー同士の月間売上ランキングを
発表しています。
競争しながら売上アップが出来ます。

価格

月額4800円

プライスターの公式サイトはこちら

アマテラス

 

中国輸入向けのリサーチツールです。
7日間無料で使用することが出来ます。
また、プランによって価格や
機能の制限が変わります。

機能

  • 販売個数追跡機能
  • 売れ筋ランキングの商品分析
  • 仕入先特定機能
  • 利益計算
  • セラー追跡

販売個数追跡機能

翌日からの
売れ筋ランキング・売れた数・販売価格・合計金額
の推移についてのデータが蓄積され始めて
グラフが作成されます。
過去3ヶ月間までのデータを保存します。
また、今後の30日間の
売上予想も表示されます。

売れ筋ランキングの商品分析

すべての最下層サブカテゴリーの
売れている商品だけを
素早く見つけることが可能です。
キーワード、価格帯、ASINコードなど
条件の指定が出来るので、
ピンポイントでリーチすることが出来ます。

仕入先特定機能

キーワード、画像検索、翻訳などの直リンク
から、素早く仕入先を見つける事が出来ます。

利益計算

代行業者の手数料、
国際送料、関税、Amazon手数料、
FBA配送料を考慮し、自動計算してくれます。
これらの情報は全て
変更が可能です。

セラー追跡

「セラー追跡」ページで
セラーIDを登録すると、
セラーが出品している全商品を
抽出する事が出来ます。
また、カテゴリーごとの出品数も
見る事が出来ます。

価格

ベーシック…月額4800円
アドバンス…月額9800円
プロ… 月額19800円

アマテラスの公式サイトはこちら

PRIMA

 

Amazon価格、データ取得ツールです。
30日間無料で使用する事が出来ます。

機能

  • 価格自動改定機能
  • 高速価格改定モード
  • 商品情報の取得

価格自動改定機能

詳細な競合オファー設定を元に、
販売価格の調整を自動で行ってくれます。
最低価格を定めておけば
あとは自動で毎日価格改定をしてくれます。
また、逸脱した競合オファーを
追従しないための配慮もされています。

高速価格改定モード

データ取得モードと併用しない場合用に、
高速価格改定モードが搭載されています。

商品情報の取得

SKU、ASIN、ASINから
商品名、商品仕様、ブランド名、メーカー型番などの
Amazonに登録されている商品情報を取得出来ます。

価格

月額5900円

PRIMAの公式サイトはこちら

アマトピア

 

複数の機能の中から、
必要な機能だけを申し込むことができます。
出品管理機能は月額無料、
顧客フォロー機能はフリーの場合無料で使用できます。
また、全プラン14日間は無料で使用できます。
※こちらは紹介制のツールです。

機能

  • 商品リサーチ
  • 価格改定
  • 在庫追跡
  • 顧客フォロー
  • 出品管理
  • SEO対策機能

商品リサーチ

ASINコードや出品者ID、
キーワードを元に日本と海外Amazonの商品価格、
カテゴリ、ランキング、出品者数、重量、体積、
レビュー数、商品画像、販売数、Amazon手数料、
送料、利益、利益率などを
含む、138個の項目を取得することが出来ます。

価格改定

ライバル出品者の商品価格、
楽天やYahooショッピング、
ヨドバシカメラ、海外を含む
Amazonの商品ページの価格をベースに
価格改定・出品の停止などを
行うことが出来ます。

在庫追跡

Amazonの商品ページの在庫数や出品者数、
価格の変化を追うことで
販売数の予測が可能となっています。
出品者単位でもページ単位でも行えます。

顧客フォロー

レビュー依頼メールを
ステップメール形式で複数回に渡り
送ることが可能です。
商品のコンディション別、
SKU別に送る文章を変えることも出来ます。

出品管理

商品リサーチ機能で出力した
CSVファイルの一括アップロードや
価格改定機能の設定を
一括で更新することが出来ます。
もちろん、ASINコードやJANコードを指定して
一品一品する事も可能です。

SEO対策機能

キーワードごとのコンバージョン数や
表示順位の変化、サジェストキーワードの抽出や
商品ページのSEI対策状況評価など
新規出品に必要な機能が
全て揃っています。
また、商品ページからでは分からない
出品キーワードの予測も出来ます。

価格

商品リサーチ機能…月額9800円
在庫追跡機能…月額4980円
価格改定機能…月額2980円

アマトピアの公式サイトはこちら

最後に

Amazon輸入の無料ツール、
有料ツールをそれぞれ比較しました。

ツールは作業時間を大幅に短縮してくれますが
決して「ツールが全てをやってくれる」
というわけではありません。

本当に必要な機能か、
また、価格や性能から
自分にあったツール選びをする事で
時間とお金を生み出す事が出来ます。

ツールを導入する前に、
使用目的を明確にする事が大切です。

 

関連記事

  1. Amazon出品者評価の上げるには?

  2. Amazonの出品用画像の撮り方とルール【わかりやすく解説しました】

  3. 効果的なAmazon商品画像の作成方法と注意点や仕様について

  4. Amazonで売れる商品ページの作り方とは?【基本編】

  5. 要注意!Amazonで新規出品ができない時は【解決策を公開!】

  6. Amazon出品ツールの各社比較【無料版】

PAGE TOP