Amazon輸入

Amazon輸入ビジネスでよくある失敗例

Amazon輸入の失敗理由と対策

失敗はビジネスをしていてもいなくても、誰もが一度は経験するでしょう。

失敗しないのが一番ですが、そのような人はいません。

 

大事なのは、
失敗した原因を考え、同じ失敗を繰り返さないことです。

実際に失敗を経験することが最も効果的ですが、
他人が失敗した事例を学習することで同じ失敗をしないようにしましょう。

 

輸入できない商品を発注してしまう

玩具やキャンプ、サバイバル用品等が武器とみなされて税関で商品がストップ。

税関とやりとりすることで通関できることもありますが、
非常に面倒なので紛らわしい商品は避けたいところです。

 

過剰に仕入れてしまう

excess

Baggage kit in green , yellows, and orange

これは非常に多いミスなので気をつけましょう。

利益率がいい商品を見つけたからといって仕入れすぎてはいけません。

もちろん、仕入れが少なすぎても
販売機会を損失していることになりますので失敗の一つです。

需要と供給のバランスを見定めるのは難しいですが、
何度も経験することで自分なりの戦略が見えてくると思います。

 

間違った商品、偽物が届く

注文をしたからと安心し切っていると意外とあるのがこれです。

評価の低いセラーからの仕入れがこの失敗を招いてしまいます。

安いからといって信頼できないセラーからは仕入れないようにしましょう。

 

またよく確認せず仕入れてみたら希望する商品と型番が違っていることもよくあります。

返品処理には手間がかかるので慎重に確認しましょう。

 

商品が壊れている

broken

ガラス製品やプラスチック製品は輸送中に壊れやすく、
結構な確率で破損が見られます。

高額な商品を仕入れる際は特に注意しましょう。

 


 

今回紹介した事例の他にもまだまだたくさんの失敗例があります。

もう一度言いますが、失敗をしない人はいません。
ビジネスをしていくならなおさらです。

失敗をした時に迅速に対応し、次回に生かせるように事態を想定しておきましょう。

リスクの管理と把握はビジネスの基本です。

関連記事

  1. Amazonで売れる商品ページの作り方とは?【基本編】

  2. Amazon商品カタログに登録されている商品の一括出品方法

  3. Amazon輸入で儲からない3つの理由

  4. Amazonの在庫確認

    Amazonの在庫数を調べる方法

  5. 商品リサーチの外注化

    商品リサーチの外注化

  6. Amazonで輸入できない商品について

PAGE TOP