Amazon輸入

Amazon輸入ビジネスとは?

Amazon輸入ビジネスとは

新聞やインターネットでAmazon輸入という言葉を見かける回数が
着実に増えてきている中
始めてAmazon輸入を知ったという方は大勢いるようです。

輸入という言葉を聞くと
難しそうなビジネスをイメージされる方も少なくないでしょう。

しかし、その実態は在宅ワークにしている方もいるほど
シンプルなビジネスになっています。

Amazon輸入とはどんなものなのか
初心者の方に向けて分かりやすく解説してみました。

  • Amazon輸入がシンプルな理由
  • 小規模なAmazon輸入のビジネスモデル
  • どこから仕入れをしているのか
  • Amazonで販売をする理由

Amazon輸入がシンプルな理由

ノートパソコン・若い女性

Amazon輸入は初期投資も少なく始められて
主婦やサラリーマンの副業としても行われている

とてもシンプルなビジネスになっています。

Amazon輸入が一般に普及するほどシンプルなのは
ネット仕入れとネット販売に特化しているためです。

仕入れも販売もネットを使うので
ほとんどのの作業は家でできることで
お金の管理もネットで管理をするため手間がかからないのです。

小規模なAmazon輸入のビジネスモデル

Amazon輸入の特徴は100万円以下の資金でできる
小規模なビジネスモデルである点です。

Amazon輸入では仕入れ費用を合わせて
10万円ほどの初期投資から販売が始められますので
参入が容易というところも注目される理由でしょう。

投資金額を増やして商品数を増やせば売上も伸びていきますので
やり方やコツを覚えてより多く稼ぐといったことが可能になっています。

どこから仕入れをしているのか

輸出輸入18

Amazon輸入では海外から商品の仕入れを行いますが
仕入元となる国は商品によって様々です。

日用品であれば中国から輸入されている製品も多く見かけますし
アメリカやヨーロッパから並行輸入品として
高級ブランド品の仕入れをすることもあります。

価格差が十分にあれば小売店から仕入れをしても利益が出る商品があるので
卸業者から仕入れているとは限りません。

中国輸入の場合には中国の楽天市場とも呼べる
タオバオ
が仕入元として使われるなど
以外にも手の届きやすいところから仕入れられていたりします。

Amazonで販売をする理由

Amazon輸入とあるようにAmazonで販売することが特徴ですが
なぜAmazonで販売するのかというと
Amazonで販売をすると売上の伸び方がとても良いためです。

独自ショップを立ち上げて販売をするよりも
即座に商品を売り抜くことができるAmazonを使うことで
回転率を高めています。

ですので、販売場所がAmazonだということは重要です。

Amazon輸入ビジネスができるかどうか

輸入仕入れが必要というところでハードルが高くなりますが
Amazon輸入は個人でも気軽に挑戦できるビジネスです。

興味のある方はぜひ色々と調べてみてください。

Amazonでどんなビジネスが行われているのか
それを知っておくだけでも価値があります

関連記事

  1. Amazonで輸入できない商品について

  2. Amazonで売れる商品ページの作り方とは?【基本編】

  3. Amazon輸入ビジネスでよくある失敗例

  4. Amazonの在庫確認

    Amazonの在庫数を調べる方法

  5. Amazon価格改定のタイミング

    Amazon価格改定のタイミング

  6. Amazon評価リクエストの活用法

PAGE TOP