Amazon輸出

Amazon輸出の商品のリサーチ方法

Amazon輸出の商品リサーチをマスターするためには
幾つかのことを押さえておく必要があります。

リサーチの方法

販売したい商品を探す作業、“リサーチ”が非常に大事であると言えます。

  1. 商品価格の差額が最も大きいものを探す方法
  2. 利益よりも販売予想数が多いものを重視して探す方法

では初心者であれば、どんな方法でアマゾン輸出のリサーチ作業をしていけばいいでしょうか?

 

差額の大きい商品を探す方法

差額が大きい商品を探すのであれば、高額商品を中心に探していきましょう。

高額であればある程その差額は大きくなりやすいです。
例えば、
日本で100円ショップの商品が海外で5000円というケースは非常にまれですが、
日本で10000円のものが、海外で15000円というケースは少なくありません。

高額であればあるほど差額も生まれやすいので、
最初に高額商品で絞り込んでおけば作業が格段に楽になります。
差額が大きい商品であれば、アマゾン輸出で行う発送作業量を減らせますので
時間効率を重視する方には向いていると言えます。

 

販売数が多いものを探す方法

販売数が多い商品はアマゾン内でのランキングが高くなります。
海外アマゾンでは商品ページにある「Amazon Best Sellers Rank」が
アマゾン内の販売数を示す指標になります。
販売数そのものではなく、あくまで目安ですが
販売数と最近の売れ行きが元に算出されているので、
現在のランクが高いものはそれだけ多く注文があるという証拠になります。

 

FBAを利用した場合は

無在庫販売であればたとえ高額な商品を出品したとしても、
赤字を被るリスクはありませんが、
FBA出品者は、赤字になってしまうリスクがありますので、そうはいきません。
ということは、FBA出品者はおそらく
「絶対に売れる」商品だけを出品するはずですよね?
では、その出品者から
“売れる商品“の情報を頂戴する
というのもひとつのリサーチの方法です。

FBA出品者の効率的なリサーチ方法

まずは、Amazon.comで「japan import」入力しましょう。
すると、日本から輸出している商品の一覧が出てきます。
その中でも「Prime」と書かれた商品にFBA出品者がいます。
そこで、FBA出品者がいったいどんな商品を販売しているのかを確認してみましょう。
1人の出品者を見ただけでも、得られる情報はかなりあります

リサーチ作業の注意点

いくら差額が大きい商品でも
たくさんの情報があっても売れなければ意味がありませんので、

  • 差額重視の探し方であっても販売数が少なすぎないか
  • 売れていることが分かる商品=ライバルが多い

という点も注意してください。

また、関税やアマゾンの成約料はカテゴリによっても違います。
赤字やトラブルの原因になりかねないので気をつけましょう。

最初のうちはやみくもに様々なカテゴリに手を出さず、
ある程度絞って得意なカテゴリを作ると良いでしょう。

keyboard-with-research-label
前述の通りカテゴリによって成約料や関税が違ったりと、
リサーチには膨大な手間と時間がかかってしまいます。
そして時間を費やせるのはリサーチばかりではありませんので、
リサーチツールを利用した方が効率的で楽が出来るといえるでしょう。

関連記事

  1. Amazon個人輸出で儲かる商品の選ぶ3つのコツ

  2. Amazon輸入代行業者を選ぶ時の4つの注意点

  3. Amazon評価リクエストの活用法

  4. Amazon輸出代行を使う5つのメリット

  5. ヤフオクとAmazonを輸入転売者向けに比較

  6. Amazon輸出 FBA出品において禁止されている9つの商品項目

PAGE TOP