Amazon輸出

Amazon輸出代行業者を選ぶ時の5つの注意点

Amazon輸出代行業者選びの注意点

Amazon輸出では代行業者を使った商品の納入を行うことが一般的です。

しかし、輸出代行業者はどこを選んでもいいというわけではありません

それはサービス品質が輸出ビジネスの収益に響くことがあるためです。

信頼できるAmazon輸出代行業者を選ぶためには
この5つのポイントを注意してみましょう。

  • 送料の水増し請求
  • 商品納入までの日数が遅い業者
  • 流通経路について
  • 関税は適切な金額になっているか
  • 手数料無料の危険性

送料の水増し請求

amazon20

Amazon輸出代行をしている業者は全てがプロというわけではなく
送料を水増し請求するような
信じられない方法で利益を得ようとする業者もあります。

利用する前には送料システムが一般的な金額と同等か調べておき
また利用した後にも実際に請求された金額が適切かどうか
チェックしておくべきです。

商品納入までの日数が遅い業者

Amazon輸出では商品を仕入れてから
販売するまでのタイムラグ
が大きくなりがちです。

Amazon輸出代行業者を利用するのであれば
1週間前後でFBA納品できることが理想的です。

これは2週間以上かかってしまうようになると、他のライバルが需要を解消した後に
ようやく販売するというような不良在庫を持つリスクが高まります。

需要の高い時に大きく販売数を伸ばすことがAmazon輸出の売上を上げる基本ですから
ライバルに遅れを取らないだけのスピードが代行業者にも求められるのです。

流通経路について

輸出輸入11

代行業者を利用する場合、日本の流通拠点があるのか
海外に流通拠点があるかどうかで代行業者に任せられるものが違ってきます。

後者の場合には転送サービスという呼ばれ方が一般的かもしれません。

利用者が輸出手続きをしなければならない場合には
その分手間も増えるので注意しましょう。

関税は適切な金額になっているか

Amazon輸出代行業者には送料や代行手数料以外にも関税を支払うことになります。

輸出された荷物を現地で受け取る際に通関で関税を支払う必要があるからです。

ただし、この関税を
相場以上にとっているAmazon輸出代行業者もある
ので注意しておきましょう。

手数料無料の危険性

計算01

近年では手数料無料の代行業者も増えてきていますが
多くの場合は送料や関税といった別の請求項目に上乗せされることになります。

初心者ほどこの謳い文句に騙されやすいので注意が必要です。

Amazon輸出代行業者を選ぶ秘訣

Amazon輸出代行業者の料金比較をする時には送料や関税にも注意しましょう。

サービス品質も重要な判断材料で、到着日数がより短い業者を選ぶことは
Amazon輸出における売上アップに直結することができます。

Amazon輸出代行業者選びも
信頼のできるビジネスパートナー探しであることを覚えておきましょう。

関連記事

  1. worldfirstの登録

    WorldFirstの登録方法【Amazon輸出用口座】

  2. worldfirst

    WorldFirstをAmazon輸出で活用する方法

  3. Amazonの在庫確認

    Amazonの在庫数を調べる方法

  4. Amazon輸出でEMSを利用するにあたって

  5. Amazonスポンサープロダクトを使う3つのメリット

  6. ヤフオクとAmazonを輸入転売者向けに比較

PAGE TOP