Amazon輸出

Amazon輸出無在庫販売とは

Amazon輸出無在庫販売

Amazon輸出では無在庫販売をすることで
低リスクで売上を増やすことが可能になります。

しかし、無在庫販売とはどんなものなのでしょうか?

無在庫販売とは以下の3つのポイントから説明ができます。

  • 在庫を持たずに販売を行う
  • 売れてから何をすればいいのか
  • 仕入れルートの構築

在庫を持たずに販売を行う

疑問04

無在庫販売ではその言葉通り在庫を持たずに販売を行います

在庫を持たないということは仕入れをしていないということですから
在庫を確保しておく必要がなく、在庫リスクがゼロになるメリットがあります。

ただし、注意点もあり商品が売れてからは時間との戦いになります。

それはAmazonでは顧客に商品が届くまでの
到着日数を守らなければならないためです。

売れてから何をすればいいのか

商品が売れたら何をすればいいのでしょうか?

まずは売上の確認をしなければなりません。

無在庫販売をする時には売上情報の確認を定期的に行い
できる限り仕入れをスピーディに行えるようにしておきます

売上が確認できたら仕入れをします。

仕入元がネットショップであれば注文をしておき、実店舗からの仕入れであれば
自分で足を運び売上のあった商品を購入します。

商品が揃ったものから発送を行います。

仕入れルートの構築

輸出輸入22

無在庫販売では確実に仕入れができる仕入れルートの準備が必要です。

売上が出てから「仕入れができなかった」では悪い評価をもらってしまうからです。

確実に商品が手に入ること、そして仕入れ完了までの時間も重要です。

ネットショップの場合には商品が手元に届くまでに時間がかかりますが
それが1週間もかかるようでは無在庫販売をすることはできません。

海外配送で1週間程度かかることを前提にすると
顧客に届くまでに2週間もかかることになり
2週間もかかる商品は誰も欲しがらないからです。

ですから、無在庫販売をするなら到着日数を短くできるように
仕入れルートを構築しておく必要があります。

実は難しいAmazon輸出無在庫販売

無在庫販売はノーリスクで販売のできる手法ですが
みなさんが想像するよりも難しい販売手法だったかもしれません。

しかし、うまく無在庫販売を使いこなしていくことで
商品のバリエーションを増やし、販売機会を増やすことは
Amazon輸出の成功の大きなアドバンテージが得られます。

今回紹介したポイントを抑えて無在庫販売を行うことでも
無在庫販売で失敗する可能性は十分に下げられますから
みなさんもぜひ無在庫販売に挑戦してみましょう。

関連記事

  1. 輸出と消費税の還付 自ら課税事業者になる際の2つの注意点 

  2. Amazon大口出品と小口出品について

  3. Amazon輸出を始めるための4つの手順

  4. Amazon輸出で安く仕入れる4つの方法

  5. worldfirstの登録

    WorldFirstの登録方法【Amazon輸出用口座】

  6. AmazonでJANコードのない商品を出品するためには?

PAGE TOP