Amazon輸出

worldfirstの登録

WorldFirstの登録方法【Amazon輸出用口座】

WorldFirstへの登録

WorldFirstはオンライン販売者向けに国際送金をしてくれるサービスで、
海外に口座が必要なAmazon個人輸出には不可欠です。

今回はそんなWorldFirstへの登録方法を説明させていただきます。

用意するもの

WorldFirstへの登録には2つ必要な書類があります。

身分証明書
住所証明書

身分証明書はパスポートまたは免許証で構いません。

住所証明書は
自宅住所が記載された公共料金の請求書
銀行またはクレジットカードの取引明細の郵便物
などが挙げられます。

いずれの書類もPDF形式または画像ファイル形式で用意します。

用意ができたらさっそく登録していきます。

WorldFirstへの登録手順

1.まずはWorldFirstの公式HPにアクセスします。
WorldFirst公式HP 日本語URL https://www.worldfirst.com/jp/online-sellers/

2.アクセスできたら画面右上の“登録”をクリックします。

worldfirst

3.各種項目を入力して”次へ”をクリックします。

worldfirst

※電話番号は国番号(+81)を選択し、右の欄には最初の0を取った番号を入力します。
例:080-5562-XXXXの方は →805562XXXX と入力します。
今後のためにも国際表記を覚えておくといいですね。

4.アップロードする身分証明書類を選びます。

worldfirst

パスポートの場合は①を、
免許証の場合は②を選んでください。

5.”ファイルを選択”からパスポートまたは免許証のファイルを選択します。

worldfirst

住所の確認も同様です。
ファイルを選択したら”次へ”をクリックします。

※郵送での住所確認をされる方は”住所確認コードの郵送依頼”をクリックします。

6.赤枠内を確認し生年月日を入力し”次へ”をクリックします。
3

7.住所を入力し”次へ”をクリックします。

4

住所は日本語で入力して構いません。

住所1には都道府県名を、
市/町にはそれ以下を入力しましょう。

8.赤枠内を入力し”次へ”をクリックします。
worldfirst

企業形態は基本的には“個人事業者”だと思います。
その他の形態を取っている方は自分にあった形態を選びましょう。

会社名にはAmazonのショップ名を入力してください。
もちろん会社としてやっている方は会社名で構いません。

9.赤枠内を入力し”次へ”をクリックします。

worldfirst
③には“Amazonで日本製品の販売”と入力しましょう。
④はおおよそで構いません。
⑤にはWorldFirstを知ったきっかけを、説明にはURL等を入れましょう。

以上で登録は完了です。
入力したメールアドレス宛に確認のメールがWorldFirstから届くきますので確認してください。

WorldFirstの登録のまとめ

入力する項目は意外と多いですが、
難しいことは聞かれていないので簡単に登録できると思います。
一つずつ確認しながら入力していきましょう。

何か不備があれば国際電話がかかってくることもありますが、
日本語で対応してくれますので安心してください。

worldfirst

関連記事

  1. Amazonランキング

    Amazon用ツールでランキングを抽出したけどどうやって活用すればいい…

  2. Amazonスポンサープロダクトの使い方【設定方法を丁寧に解説します】…

  3. Payoneerの登録方法

  4. Amazon輸出 返金・返品対応の3つのポイント

  5. Amazonで売れない商品対策

    Amazon輸出で売れない商品を売る方法

  6. Amazon輸出代行業者を選ぶ時の5つの注意点

PAGE TOP