中国輸入

中国輸入コンサルはこんな方におすすめ【コンサルティングは本当に必要?】

中国輸入コンサルティングの内容にもよりますが一般的なコンサルティングはノウハウの伝授やアドバイスが主になってくるので一旦中国輸入コンサル=中国輸入に関するあらゆる情報の提供と考えるとことにします。

そのように仮定した場合中国輸入コンサルをおすすめする人は以下のような人になります。

中国輸入コンサルティングをおすすめする人

  • 中国輸入にすでにチャレンジしていて伸び悩んでいる方
  • 欧米輸入やせどりなど他の物販経験がある方
  • OEMにチャレンジしたいという方

相乗り出品の中国輸入をしたいという場合はコンサルティングの受講など特に必要なく当ホームページに記載している中国輸入のコラムを読んでいただくだけで十分だと考えています。

実際にそこで中国輸入にチャレンジしてからコンサルを受ける方と全くの初心者で受ける方ではその後の伸びが大きく違います。

弊社の中国輸入コンサルティングでは完全な初心者は基本的にお断りさせていただいています。

中国輸入コンサルティングをおすすめしない人

  • 中国輸入が全くの初めてという方
  • 自分が分からない部分が明確でない方
  • コンサルティング以外の仕入れ資金が100万円に満たない方

相乗り出品の場合は資金30万円程度から始めることも出来ますが利益率30%としても稼げる金額は30万円×30%=9万円となり非常に効率が悪くなります。

やはりある程度の資金が必要になります。

また自分が分からない部分が明確でない場合はどんなコンサルティングでも有効的に活用することは難しいのでおすすめしません。

おすすめは中国輸入の情報提供以外の付加価値があるコンサルティング

一定のレベル以上のコンサルタントになると教えてくれる内容には正直大きな差ありません。

レベルが低いコンサルタントを選ばないようにすることはもちろん大切ですが一定以上のレベルのコンサルタントを複数人見つけたら情報以外にどんな付加価値を提供してくれるかで人を選びましょう。

情報以外の付加価値とは例えば以下のようなものがあります。

  • ツールの提供
  • 物流の提供
  • 通訳の提供
  • 工場の紹介
  • 融資の紹介

ツールの提供

相乗り出品をメインとしたコンサルの場合はリサーチ形のツールをOEMをメインとしたコンサルの場合は新規出品の時短形ツールがあると作業が楽になりやすいですが必須ではありません。

ただツールを使わない場合はそのような作業は外注化しましょう、とコンサルタントの方に言われることが多いと思います。

このような部分でコンサル以外にも費用が発生してくる可能性があることに注意しておきましょう。

物流の提供

相乗り出品・OEM販売、どちらの場合もキーポイントとなるのが物流の提供です。

  1. 送料の安さ
  2. 配送スピード
  3. OEMの可否

辺りがポイントとなってきます。

代行業者に頼む場合は複数の工場を知っていてかつ送料が安い所を選ぶのがポイントですが一般的な中国輸入コンサルティングでは工場の探し方から教えてくれる所がほとんどなのでこちらは優先度は高くありません。

通訳の提供

特にOEMの場合中国語と日本語が出来る人をクラウドソーシング形のサイトで見つけてくるだけでは不十分です。

OEMでは日本と中国の商習慣の違いから齟齬が生まれやすいですがその行き違いを防ぐためにクライアントの要望と工場側で実際にできることを上手く繋いでくれる能力を持っている人というのは実は非常に少なく

  • 物販・貿易業をメインにしている
  • 中国語・日本語が話せる
  • 中国の現地にいる

という条件を持った人を見つけるのは大変です。

中国の現地にいる人を請負契約で外注化するのは危険性が高いのでもし直接雇いたい場合は雇用契約を結ぶ必要があり月に10万円/人以上のコストに加え求人コストやオフィスの賃貸コストがかかってきます。

そのため中国輸入の専門商社になるレベルを目指している方以外は代行業者を使ったほうが効率がいいかと思います。

工場の紹介

マニアックな商品であれば1から工場を探す必要がありますが多くの場合革製品と言ったらA、綿製品と言ったらBとある程度決まっているので特に中国輸入を初めて日が浅い方の場合はこのような特典があるコンサルティングの受講をおすすめします。

さらに上級になると日本でOEM商品の食品衛生法を通して商品を販売したいというときも工場の選び方が重要になりますがほとんどの代行会社ではこれが出来ません。(弊社では可能です)

融資の紹介

中国輸入以外に融資の情報を提供しているコンサルティングであれば比較的資金が少ない状態でも資金を大きく増やしていくことができます。

ただしその場合でも一般的に資金は100万円は必要になります。

中国輸入コンサルティングはこんな方におすすめ まとめ

  • 中国輸入コンサルティングが本当に自分に必要かどうかを見極める
  • 相乗り出品の場合はコンサルティングは基本的に不要
  • 資金は100万円は必要
  • 付加価値のあるコンサルティングがおすすめ

以上のことを踏まえた上で弊社でも自信を持って勧められる中国輸入コンサルティングサービスを提供していますのでもしご興味があればご覧になってみてください。

関連記事

  1. 中国輸入OEMのやり方【完全保存版】

  2. 中国輸入商品が通関トラブルにあった場合の対処法【必要書類や手続きを解説…

  3. 中国輸入の始め方【初心者が中国輸入を始める前に知っておきたい事】

  4. 中国輸入OEMのメリットとデメリット

  5. 中国輸入の「意匠権」について考える【販売中止や損害賠償請求に注意】

  6. 中国輸入ビジネスの仕入れサイト10選【使えるオススメの仕入れ先をご紹介…

PAGE TOP