中国輸入

中国輸入のアパレルで稼ぐのは難しい?【アパレルで利益を出す方法】

中国輸入でアパレルは主要なジャンルとなっていますが、「中国輸入 アパレル」で検索をすると、「扱うべきではない」「アパレルは難しい」という声もチラホラ見かけます。

実際にアパレルは利益を出せずに失敗してしまう方も多いです。

 

しかし、中国輸入を行なっている方でアパレルを扱っている方は多いですし、これから中国輸入を始める方でアパレルを扱っていきたいという方もいるのではないでしょうか。

アパレルの販売は難易度は高いですが、やり方さえ合っていればしっかり利益を出す事が出来ます。

 

こちらでは、中国輸入でアパレルを扱う場合に気をつけたい事と、アパレルで稼ぐ方法を具体的に解説していきます。

 

 

中国輸入のアパレルで稼ぐのは難しい?【メリットとデメリット】

 

まずは中国輸入でアパレルを扱う場合のメリットやデメリットを理解しておきましょう。

デメリットをしっかり把握しておく事で「商品が売れない!」といった事態を防ぐ事が出来ます。

 

中国輸入でアパレルを扱うメリット

まずはメリットを確認していきます。
中国輸入でアパレルを扱うメリットは以下になります。

  • 利益率が高い
  • 商品サイズが小さい
  • 生産している工場が多い
  • オリジナリティが出せる

 

利益率が高い

中国輸入でアパレルを扱う最大のメリットと言えるのが、利益率が高い点です。

商品にもよるので、一概には言えませんがアパレルは原価がもともと非常に安い為、利益が出しやすいのです。
安く仕入れる為には、ロット数も多くなければいけませんが、一度に多く仕入れられれば原価も非常に安くなります。

 

アパレルの場合は原価が安いだけでなく、商品を魅力的に見せるブランディングの力で、より高い値段で販売する事が可能です。

なので、利益率が高いアパレルは中国輸入のカテゴリーの中でも人気なのです。

 

商品サイズが小さい

商品サイズが大きいとそれだけでコストが高くなってしまいます。
特に初心者の場合には、大型商品を扱うのはオススメ出来ません。

しかしアパレルの場合は、特別大きいサイズの商品があるわけではないので、初心者にも扱いやすいのがメリットです。

大体同じ商品サイズに限られているので、非常に扱いやすいです。

 

生産している工場が多い

アパレルは非常に販売数が多いジャンルです。なのでその分生産している工場も沢山あります。

中国輸入では主要のサイトとなるアリババやタオバオでも、アパレル商品が多数を占めています。

OEMする場合に価格や質、ロット数など、納得のいく工場を探すのは大変ですが、アパレルの場合は生産している工場fが多いので、見つけやすいです。

 

オリジナリティが出せる

アパレルの場合は、仕入れたものにロゴを入れたりブランドタグを付けたりする事が簡単に出来ます。
なのでOEMをしなくてもオリジナリティを出す事が出来ます。

サイズ感やデザイン、色合い、ロゴひとつでも、消費者が受けるイメージは大きく変わるので、オリジナリティを出せる事は重要です。

生産工場と同様にアパレルを加工してくれるところもたくさんあります。

 

中国輸入でアパレルを扱うデメリット

メリットだけを聞くとすぐにでもアパレルを扱いたくなりますが、デメリットもしっかり理解した上でアパレルを扱わないと危険です。

中国輸入でアパレルを扱うデメリットは以下になります。

 

粗悪品が多い

中国輸入のアパレルでは、粗悪品が多い事も有名です。

具体的には、表記サイズと実際のサイズが違う、縫い目が粗い、糸がほつれている、異臭がする、などです。
特に安いアパレル製品はこのような粗悪品が多いです。

このような事態を防ぐ為には、信頼できるショップや工場を見つける事が大切です。

 

クレームが多い

中国輸入のアパレルではよく、粗悪品に対するクレームや、「商品画像のイメージと実物のが違った」というクレームが発生します。

体型は人によって様々であり、ある程度は仕方のないのですが、やはりクレームは避けたいものです。

この対策方法としては、なるべく画像を多く使用し、丁寧に詳細を記載して、商品のイメージと実物とで違いを減らすように心がけがける事が大切です。

 

品質表示タグが必須

日本でアパレルを販売する場合は、家庭用品品質表示法により、品質タグを必ずつける必要があります。
しかし多くの中国輸入セラーは、品質表示タグを付けずに販売してしまっている事が多いのも事実です。

品質表示タグをつけるのは面倒な作業ですが、法律上規定されているので必ずつけなければなりません。

できれば中国内で品質表示タグを用意するのがベストです。
生産元に依頼するか、二次加工してくれる代行業者を抑えておくのが良いでしょう。

 

集客が難しい

アパレルの需要は非常に大きいので商品は売れやすいように思うかもしれません。
しかし、アパレルは中国輸入で人気のカテゴリーのため競合が多く、実際には集客をするのが難しいのです。

商品を買ってもらう為には、まず商品ページを見てもらう必要がありますが、商品ページの検索順位が低ければページすら見てもらえず、商品が一向に売れません。

 

中国輸入でアパレルを扱う場合には、商品ページを見てもらい、買ってもらうための工夫が必要です。

 

中国輸入のアパレルで利益を出す方法

中国輸入初心者の方が、アパレルで利益を出す為には、デメリットを理解した上で、以下の項目を実践するようにしましょう。

・用途をはっきりさせる
・トレンドに敏感になる
・広告費を掛ける

 

用途をはっきりさせる

中国輸入のアパレルでは、消費者が求めている必要性と、商品への欲求を商品にはっきり反映する事が大切です。

例えば、消費者が求めているもの(ニーズ)の場合は、「来週のボランティア用のポケットが付いたエプロンが必要」や、商品への欲求(ウォンツ)は、「雨が降った時におしゃれなレインコートが欲しい」などです。

基本的にはニーズよりもウォンツを反映させた商品の方が売れやすい傾向にあります。
どんな商品を求めているのかに合わせて、商品の用途をはっきりさせる事が大切です。

 

トレンドに敏感になる

アパレルの販売に大きく影響してくるのは「トレンド」です。

アパレルは流行の煽りを受けやすいジャンルなので、需要供給のバランスが取れていれば、一気に商品を売る事が出来ます。

中国輸入のアパレルは競合が多い為に、需要<供給になっている商品が多く、「商品が全然売れない!」といった事態に陥っている方も多いので、需要と供給のバランスをしっかり考えましょう。

 

広告費を掛ける

よく広告費を掛けずに挑む方がいますが、中国輸入のアパレルは非常に競合者が多い為、広告費を掛けずに商品ページを見てもらう事は難しいです。

まずは、広告費を掛けて商品ページに訪れてもらい、商品を知ってもらう事が大切です。

 

競合が多い為に広告費が多少高めですが、広告を使うだけで手っと早く商品を見てもらう事が出来ます。

 

まとめ

中国輸入のアパレルで稼ぐのは難しい?ついて、アパレルのメリットデメリットと、アパレルで利益を出す方法を解説しました。

アパレルは中国輸入初心者の方にとっては非常に難しいジャンルです。
しかし、アパレルで利益を出す事ができないわけではなく、成功している方もたくさんいます。

 

もしアパレルを扱いたい場合には、集客や差別化に力を入れ十分に戦略を練った上で取り組む事が大切です。

 

 

 

 

関連記事

  1. 中国輸入リサーチの方法【商品リサーチのやり方からコツまでを丁寧に解説】…

  2. 中国輸入で必要な「インボイス」とは?【アンダーバリューしてはいけない理…

  3. 【中国輸入】日本への発送はいくらかかる?代行は必要?

  4. 中国輸入の始め方【初心者が中国輸入を始める前に知っておきたい事】

  5. 中国輸入で売れる商品とおすすめのジャンルは?【儲かる商品の特徴を解説し…

  6. 中国輸入OEMのやり方【完全保存版】

PAGE TOP