中国輸入

新型コロナウィルス下の中国の現況~2月13日

中国現地の最新状況についてご報告します。

中国では新型コロナウィルスの影響が長引いて、申し訳ございません。
工場は各省政府の指示に従いながら順次再開しつつあり、再開していない工場は再開を目指して動いております。

また 弊社オフィスのある浙江省では大きな被害が出ましたが、 弊社の現地事務所も再開に向かって手続きを踏んでおります。

営業の見通し

弊社は営業再開に向けて一次申請を終えました。
現在、1次申請が通過し、2次申請の準備をしています。
営業開始には政府の許可が必要で、提出書類の準備など再開の要件が多くあります。
企業により順位が違い、貿易会社・輸入代行会社はやや遅めになることが予想されます。
許可が下りるのは、早くて2月21日、遅くて3月上旬と言われています。

行政の審査にあたっては、防疫体制が要求されます。
マスク等の備品を用意し、検温チェック体制を整え、隔離部屋をオフィスに備える必要があります。
再開に向け準備を整えています。

物流の状況

国際物流
 義烏の国際物流は、海源の航空便が再開しています。
 義烏支店はまだ再開されていませんので、上海倉庫まで輸送する必要あります。
 OCSは20日頃になる見込みですが、遅れる可能性もございます。

中国の国内輸送
 SF、京東、国内EMSが再開しています。
 その他は17日に再開予定です。

※物流は再開している会社もありますが、取引工場が営業している場合のみ直送は可能です。 現在は一割程度の工場のみが営業していて、ほとんどの工場は再開しておりません。

工場の再開状況

地域差があります。
工場は各省政府の指示で再開申請しています。
生活や医療に関わる事業が優先されていますので、取引先の扱う商品の優先度にもよります。
個々の工場ごとに申請して許可が下ります。同じ地区でも再開のタイミングが異なっています。
地域差、また工場により差がありますので、
個別の商品については、各担当者にご確認ください。

弊社の業務対応

引き続き在宅での対応を行います。

社で行っている対応
・買付(再開している工場のみ)
・リサーチ
・工場問い合わせ

以上の業務は在宅対応させていただいております。

対応できない業務
・検品
・発送
・ラベル貼り
オフィスに立ち入りできないため、検品作業は行えません。
営業再開許可が下りるまで、工場直送でのみ商品を発送できる状況です。
在庫保管料については、今月は頂戴いたしません。

緊急対応

ご相談が必要な場合は、会員様からのご相談を承っています。 直接、個別にご対応させていただきます。

リスク回避

中国経済の悪化に伴い、工場によっては倒産するところも出てくる可能性があります。
すぐ注文して在庫を確保されたい気持ちがあると思いますが、工場確認してから依頼を承っております。
なるべく、前払いと後払いを分けて買い付けを行う予定です。
OEM商品や既製品を含めて現在依頼している工場以外を見つけておくことも重要になってくると思います。
現在依頼している工場以外に他の地域の工場のリサーチをする場合は、担当者にご連絡ください。

工場とのトラブルにも中国の弁護士相談や裁判にも対応もできる体制は整っております。

大変な状況ではありますが、現地スタッフ、日本スタッフとも全力を尽くしております。

影響が長引き、ご迷惑をおかけして、大変申し訳ございません。
一日も早く再開できますように、精一杯努力してまいります。
新しい情報が入りましたら、その都度ご連絡します。

ご理解、ご協力いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 中国輸入で必要な銀行口座の選び方【おすすめの銀行口座は?】

  2. 中国輸入(OEM)代行会社を選ぶポイント【OEM代行で出来ること】

  3. 中国輸入で展示会を活用する方法【メリットや確認すべきポイントをご紹介し…

  4. 中国輸入OEM・ODM代行で出来ることは?

  5. 中国輸入でOEMをする方法【OEMとは?から丁寧に解説します】

  6. 中国輸入の始め方【初心者が中国輸入を始める前に知っておきたい事】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP