中国輸入

営業再開のお知らせ

弊社中国オフィスの営業許可が下りました。
ご心配をおかけして大変申し訳ありませんでした。
ただ、弊社オフィスの所在する産業エリアが20日まで営業再開できない状況で、21日からの出社になります。

中国の会社でも再開は早い方です。
中国での納税や営業許可の資料提出、職場環境によって再開日程に差が生まれております。
そのため、まだまだ工場は再開していないところがほとんどです。

再開には社内の検疫体制の構築、マスクや検温計・消毒液などの準備が必要です。
これまで準備を進めておりました。
会社として、コロナウイルス発症者が出ると営業停止や罰金(1人当たり40万元)というリスクを負っております。

リスクを減らすために、人数を制限して出社いたします。
弊社のスタッフもまだ家に戻れていない人もいるため、完全な営業再開にはまだまだ時間がかかると思います。
弊社に在庫があるものは21日以降発送可能です。
お客様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご理解いただければと思います。

なお、 義烏では海源物流は船便便が2月19日、航空便が2月20日から再開される予定です。
OCSと林道は2月18日から再開される見込みです。

弊社からのお願い

・検品は以前より遅くなると思います。
可能であれば工場より日本に直送して、日本で対応していただけると助かります。
検品の依頼は、今までと違う方が担当する可能性もあるので細かく指示していただけると助かります。

・発送まで時間がかかることが想定されます。商品の値段調整等をお願いします。

・再開している工場では、従業員に手当て(コロナリスク)を出さないといけないところも多くあると思います。
そのため普段より工場の販売価格が高い可能性もあり、交渉できない可能性もあります。

全力で対応してまいりますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

2020年2月17日

株式会社ESPRIM 代表取締役 末吉謙佑

関連記事

  1. 中国輸入の「意匠権」について考える【販売中止や損害賠償請求に注意】

  2. 中国輸入の在庫管理で考えるべき事【在庫はどのように管理すべき?】

  3. 中国輸入の物流がストップする旧正月に要注意【仕入れ対策も解説します】

  4. 中国輸入でヤフオク販売するメリットは?【他の販路との違いを解説します】…

  5. 中国輸入ビジネスの製品の品質は?【多い返品理由と解決策】

  6. 新型コロナウィルス下の中国の現況~2月13日

PAGE TOP