中国輸入

中国輸入で返品率を下げるには?【不良品を減らす方法】

中国輸入ビジネスは特に不良品が多いので、返品率が高いです。

 

中国から輸入すると聞いて、中国輸入製品の品質に不安を持つ方も多いはずです。

「価格は安いけれど、品質が悪い」というイメージかと思いますが、実際にまさにその通りなんですね。

なので、中国から輸入した商品は、不良品が多く結果として返品率が高くなってしまうのです。

 

 

中国輸入ビジネスで最も気を付けなければならないのが、この不良品問題です。

こちらでは、中国輸入した商品をAmazonで販売する場合の返品率を下げる方法について、解説していきます。

 

ポイントを押さえて不良品を減らし、中国輸入製品の返品率を下げましょう。

 

 

中国輸入で不良品や返品は必ず発生する

まず初めに頭に入れておかなければならないのは、中国輸入で不良品や返品は必ず発生するという点です。

 

中国輸入に限らず、欧米輸入やヨーロッパ輸入などの物販ビジネスでも、必ず発生します。

100%不良品や返品を出さないというのは、無理なのです。

 

 

日本の宅急便と比べると、海外の国際便は驚くほど雑な梱包と運送です。

なので、手元に来た頃には、段ボールがボコボコになっている事がほとんどです。

 

段ボールが潰れれば当然、中の商品にも傷がついてしまったり、へこんでしまったりします。

ある程度は仕方がないのですが、商品として機能しない「不良品」では困りますね。

 

 

中国輸入の場合、その可能性がより高まります。

中国輸入製品は輸送時のダメージだけでなく、元から検品なども甘いので、不良品も多いのです。

 

 

なので、不良品や返品をなくすと考えるよりも、「減らす」と考えましょう。

 

 

中国輸入で不良品を減らし返品率を下げるには?

 

中国輸入で不良品を減らし返品率を下げるための、具体的な方法を3つ解説していきます。

 

  1. ショップの評価をしっかり確認する
  2. Amazonのレビュー内容を見る
  3. 代行業者で開封検品をする

 

 

ショップ評価をしっかり確認する

中国輸入の代表表的な仕入れ先に、タオバオやアリババなどがありますが、各ショップには取引に基づいた評価がつけられています。

これが不良品発生率の一つの目安となります。

 

基本的には、「評価が低い=不良品が多い=返品率が上がる」と考えられるので、仕入れ先の候補から外しましょう。

仕入れ価格が安いからと言って、安さだけで仕入れるショップを決めてしまうのは危険なのでやめましょう。

 

 

例えば、タオバオの場合は、ハート→ダイアモンド→青い冠→金の冠という順番でランクが決まっています。

この場合は必ずダイヤモンド以上の評価のショップから仕入れるようにしましょう。

 

 

もし、同じ価格のショップが複数あったら、代行業者へ送る注文書には、評価が高い順に第3候補まで仕入れ先を記入して送るのが良いでしょう。

 

仕入れ先を選定するだけで、不良品を仕入れてしまう可能性がは格段に下がります。

 

Amazonのレビュー内容を見る

 

Amazonで販売されている中国輸入商品のレビュー内容を確認しておきましょう。

基準としては、Amazonの商品評価値が、★3.5以上だと良いです。

 

商品評価値だけでなく、カスタマーレビューには実際にして購入した人の、ありのままの声が載っています。

商品の不具合や、日本に対応しているかどうかもカスタマーレビューから確認しましょう。

 

 

カスタマーレビューを見ると、壊れやすいものや壊れにくいもの、問題が出てもわりと軽微なもの、作りが雑なもの、しっかりしてるものなどが明確に分かります。

なので、それらを参考にすれば、中国輸入製品の不良品による返品率を下げる事が出来ます。

 

代行業者で開封検品をする

中国輸入代行業者は、目視で簡易検品をしてくれますが、明らかに壊れているものや注文書と違う見た目の商品でないと気づきません。

 

基本的に外観で省かれるものはあっても、箱の中身を見ないとわからないもの、通電確認しないとわからないものは、不良品が紛れていてもわかりません。

 

これらの不良品を減らし、返品率を下げたい場合は代行業者に精密検品や開封検品を依頼しましょう。

 

代行業者によって、検品方法は様々ですが、Amaconの中国輸入代行では電化製品の電源がちゃんとつくか動くかの初期不良の確認のために、全数検品を行っています。

 

検品をしっかり行ってくれる代行業者を選ぶのが、不良品や返品率を下げるためには必須です。

 

 

もし不良品が発生してしまった場合は…

 

どんなに不良品を減らしても、前述したように完全になくす事は出来ません。

なので、不良品が発生してしまった場合は、現金に換える手段としてヤフオクがおすすめです。

 

 

ノーブランドの中国輸入品は、仕入れ値自体はかなり安いので、仕入れ資金の回収するのであれば、出品価格をかなり低額に設定できます。

ジャンク品の旨をちゃんと明記さえすれば、トラブルもなく、ヤフオクで売ることができます。

 

もし不良品が発生した場合や、返品された場合には、ヤフオクに出品するのも手です。

 

最後に

 

中国輸入で不良品を減らし、返品率を下げる方法を解説しました。

Amazonで販売する場合と述べましたが、どの販売先でも共通して言えることかと思います。

 

極力不良品を仕入れないように注意し、返品率を下げていくことが、中国輸入ビジネスで稼いでいく為には大切です。

 

 

関連記事

  1. 中国輸入の原価と正確な利益計算を行う方法【具体的な手順を解説】

  2. 中国輸入で必要な「インボイス」とは?【アンダーバリューしてはいけない理…

  3. 中国輸入のアパレルで稼ぐのは難しい?【アパレルで利益を出す方法】

  4. 中国輸入の始め方【初心者が中国輸入を始める前に知っておきたい事】

  5. 中国輸入リサーチの方法【商品リサーチのやり方からコツまでを丁寧に解説】…

  6. 中国輸入の良い工場の見つけ方【OEMしてくれる工場の探し方】

PAGE TOP