中国輸入

中国輸入の新規出品にはJANコードが必須!【理由や取得方法を解説します】

中国輸入の新規出品時に必要となる「JANコード」について、なぜJANコードが必要なのか、その理由と取得方法を解説します。

 

そもそも、JANコードとは何かが分からない方も多いと思いますので、基本的な部分から丁寧に解説していきます。

中国輸入ビジネスをこれから始めようと思っている方は、必ず必要になりますので是非、申し込みまで済ませてしまいましょう。

 

 

 

中国輸入で必須なJANコード・GSIコードとは?

まず、JANコードとは何かについてですが、簡単に言えばバーコードと認識して頂ければと思います。

 

JANコードは、「誰が」製造して、「どんな」流通をしているのかを把握するための、識別コードです。

どの事業者のどの製品化を表しており、商品のブランドを持つ事業者が、貸与されたGS1事業者コードを用いて、商品ごとに設定します。

 

通常、バーコードスキャナで読み取れるように、バーコードによって商品パッケージに表示されているもので、世界共通の仕組みであり、多くの国で使用されています。

その呼び名は、日本では「Japanese Article Number」でJAN、国際的にはEANコードや、GTIN-13、GTIN-8と呼ばれています。

 

 

 

先ほど出てきた、GS1事業者コードとは、国際標準の識別コード(GS1識別コード)を設定するために必要な番号で、GS1事業者コードに商品アイテムコードを組み合わせればJANコード(GTIN)を設定できます。

また、GS1事業者コードは、日本では「45」または「49」で始まる9桁または7桁の番号になっています。

 

日本の事業者がGS1事業者コードを必要とする場合は、一般財団法人 流通システム開発センター に登録申請することで、コードの貸与を受けることができます。

 

 

JANコード・EANコード・GTINコードって何が違う?

 

JANコードは、EANコード・GTINコードなど様々な呼ばれ方があります。

どれも呼び方は違いますが同じもので、世界共通の流通コードなので、さまざまな呼び方が存在しています。

 

JAN=EAN=GTINコードを持っておけば、ほぼ自由にAmazonに新規商品の登録が可能になります。

 

 

JANコードの成り立ち

 

JANコードは基本的に、13桁の数字で構成されています。

 

だの数字の羅列というわけではなく、それぞれの数字に意味を持っており、

JANコード=GS1事業者コード+アイテムコード+チェックデジットとなっています。

 

このように意味のあるいくつかの数字が組み合わさって、一つのJANコードが形成されているのです。

 

 

中国輸入の新規出品にJANコードが必須な理由

JANコードがなぜ中国輸入の新規出品に必要なのか、まだよく分からないと思いますので、ここからはその理由を解説していきます。

 

中国輸入で新規出品する商品は、中国でオリジナル商品を作って日本で販売する方になります。

オリジナルの商品ということは、もともとバーコードがついていないので、日本で販売する際は、バーコードをつける必要があるわけです。

 

基本的にAmazonにオリジナル商品を登録するためには、「JANコード」の入力を求められるので、オリジナル商品を扱う中国輸入では、JANコードが必須となのです。

 

 

JANコードの取得方法

 

JANコードが中国輸入の新規出品で必須な理由は分かったところで、早速JANコードの取得方法をみていきましょう。

JANコードの取得方法は、ネットで申請する方法とネット以外で申請する方法があります。

 

  1. ネットでJANコードを取得する方法
  2. ネット以外でJANコードを取得する方法

 

ネットでJANコードを取得する方法

 

まずは、GS1事業者コードの新規登録手続きからメールアドレスを登録します。

 

 

入力したメールアドレスに「流通システム開発センター」からメールが届くので、文中のURLをクリックしましょう。

すると、申請ページの規約のページが出てくるので、同意して進んでください。

 

続いて会社情報または個人情報を入力するページが出てくるので入力を済ませたら、登録申請料を支払う必要があります。

支払い方法は、コンビニ支払い、ペイジー支払いまたは銀行振込から選ぶ事が出来ます。

 

 

入金の確認後、申請内容に不備が無ければ、GS1事業者コードが記載された「GS1事業者コード登録通知書」が普通郵便で届きます。

以上でネットでのJANコードの取得が完了します。

 

 

ネット以外でJANコードを取得する方法

商工会議所などで、下記の「バーコード利用の手引き」という冊子をもらうことができます。

申請所もついてますので、記入して流通システム開発センターに送れば、申請完了です。

 

ただ、書面は時間もかかり面倒なので、ネットからのお申込みがオススメです。

 

 

最後に

 

中国輸入の新規出品にはJANコードが必須な理由と、JANコードの取得方法を解説しました。

 

実はJANコードがなくても「Amazonブランド登録」や「バーコード免除申請」をすれば、商品登録をする事が出来ます。

しかし、免除申請等も手間がかかりますし、何かと便利なので、やはり取得しておくべきでしょう。

 

 

JANコードは中国輸入では必ず必要となってくるので、これから中国輸入を始める方は、是非この際に取得してしまいましょう。

 

 

 

関連記事

  1. 中国輸入で返品率を下げるには?【不良品を減らす方法】

  2. 中国輸入で楽天市場からリサーチする方法【楽天リサーチのメリットとは?】…

  3. 中国輸入OEM・ODM代行で出来ることは?

  4. 中国輸入の始め方【初心者が中国輸入を始める前に知っておきたい事】

  5. 中国輸入リサーチの方法【商品リサーチのやり方からコツまでを丁寧に解説】…

  6. 中国輸入でOEMをする方法【OEMとは?から丁寧に解説します】

PAGE TOP