中国輸入

中国輸入OEMのやり方【完全保存版】

一般的な中国輸入で勝負する時に扱われる商材は「ノーブランド」品です。

だからこそOEMによって新たなブランドを作ることができ他社との差別化に繋がります。

現在は「中国輸入」と「OEM」、この2つの言葉はセットで使われつつありますがOEMとはどの様なものでOEMを導入することで何が得られるのか、分かりやすくメリットからリスクまで紹介します。

そして実際に信頼できる工場を探してOEM商品の製造に入るプロセスまでを今回はご紹介したいと思います。

「OEM」がよく分からない?

中国輸入を始めようとした時OEMをやれば利益が出る。

その様なことを聞く機会が増えたけどそもそもOEM自体が何なのか分からない。

その様な方は意外に多いと聞きます。

ここでは、OEMに関する概要説明からOEMを導入することによって得られるメリット、そしてOEMを行うか否かの意思決定まで丁寧に説明をしています。

OEMの概要説明では簡単に言うと、他社製品を自社製品としてアレンジを加えて独自の商品として販売できる状態にすることです。

微細な変更点でもOEM製品として確立することがありますがひとつ注意しなくてはならないのは初めから権利を持った商品等を選んでしまった際商標等をそのまま流用することで権利侵害を主張されることもあります。

故にOEMでは、ブランドを持たない商品を基にすることが前提となりますのでそれを頭に入れた上で読み進めてください。

中国輸入OEMとは

中国輸入では他の販売者と同じ商品を売ることも多く価格競争が引き起こされることが珍しくありません。

独占的な販売ができない以上仕方のない事なのですがOEM商品を取り扱うことで価格の下落を抑えやすくなります。

OEMとは何なのか、どうすれば取り扱いできるのか今回は中国輸入でのOEMについて解説します。

OEMとは

OEMとは他社製品を自社ブランドの製品として製品名を変えて生産したものを指します。
また、OEM製品を作る行為を意味します

OEMできるかどうかは工場との交渉次第ですが受け付けているところは少なくないので安定した売上が確保できているようなら検討する価値があります。

タオバオなどで売られている製品には中国語が記載されていることが多いですがこれらを日本語に印刷してもらうといったことができます。

日本向けに生産してもらうことで新商品にも着手しやすくなります。

付属品やパッケージについて

OEMで自社商品を作る場合には付属品やパッケージ化の作業も中国で行います。

自分で付属品を印刷したり商品を詰め替えてもいいですが売上数が期待できる場合には現実的な方法ではないでしょう。

OEMにすべきかどうか

OEMは中国輸入での一般的な仕入れと比べると商品を準備する手間がかなり増えますのでどんな商品でもOEMにすればいいというわけではありません。

ただし、ブランド化に成功すれば転売をするだけの中国輸入ビジネスよりも一歩進んだビジネスのやり方も見えてくるはずです。

輸入転売の次の一手を探す方はOEMによる自社商品について考えてみてもいいのではないでしょうか。

本当の差別化を果たす為のOEM方法論

中国輸入をする上でOEMにもやり方が複数存在しています。

タグや日本語の説明書を付けるだけの簡易的なOEM製造から、自社ブランドとして確立する為のロゴ印字を用いた手法等。

Amazonで商品を売りきる為にベストな方法は何なのか、実例を写真を交え説明しています。

今の競合犇めく中国輸入では簡易的なOEMを行う者はゴロゴロいますしこちらが仕掛けた簡易的なOEMに対して直ぐに同様のOEMで対応してくる販売者もゴロゴロいます。

この現状から今求められるOEM手法がどの様なものなのかは自ずと理解できるはずです。

OEMによって得られるメリット

OEMによって得られるメリットをここでは分かり易く、端的に説明しています。

まず、筆頭に挙げられるメリットとは独自の商品ページでの独占販売が実現するという点です。

こちらでオリジナルのOEMを施す訳ですから全く同内容の商品として相乗りしてくることは難しくなります。

他にも、OEM発注では工場との直接取引になる関係から商品1個辺りの価格は小売価格と比べて極端に安くなります。

OEM製造自体が小売りから購入して販売する形態の中国輸入販売で生んだ利益を元にある程度の資本を投入して参入する販売形態ですので購買に掛かる資本力は問題にならない方が殆どかと思います。

いまいち、OEM製造に踏み切れなかった方に目を通してほしいと思います。

OEMのデメリット

ここまででOEMの良さに関しては充分に伝えてこれたと感じていますがOEMには良い点しか存在しないのでしょうか。

そんな夢の様な方法論は存在しません。

中国輸入に臨む万人がOEMに進んでも問題ないのか。

OEMが内包するリスクについてここでは丁寧に解説しています。

一番のリスクとして挙げられるのは製造に掛かる資本力でしょう。

ですが、これは前述した通り中国輸入でのOEM販売に移行するタイミングは、小売販売で既にある程度の利益を得ている方がステージを上げるイメージが強い為大きく問題にはならないことが多いです。

中国輸入OEMのメリットやデメリットはリンク先にさらに詳細にまとめています。

理想的なOEM製造工場を見つける方法

OEMに関しましてここまでで、良い点、悪い点、そしてOEMの全体像とご理解して頂けていれば幸いです。

では今、OEMを前向きに検討されている方が実際にOEM製造へと行動を移す為に素晴らしい工場を探す手段とそこに投じるべき費用OEM製品完成に至るまでのプロセス等。

ここでは詳しく解説しています。

最後に

飽和が叫ばれ続ける中国輸入にて他社との競争力を付ける為の方法としてOEMに関する様々なことを紹介してきました。

  1. 中国輸入OEMとはなにか
  2. 中国輸入商品の差別化手法
  3. 中国輸入でのOEMのメリット・デメリット
  4. 中国輸入のOEM戦略【工場を探して作るまで】

ここから得られる情報は充分に厳選しておりますがそれでも、実際にOEM製造に着手してからでなければ把握できない問題というのも山程あると思っています。

独学で行う場合は信頼できる工場を探し出した後はトライアンドエラーを繰り返しながら前に進むしかありません。

OEMは特に経験値が必要な物販の手法ですのでコンサルティングの受講等をおすすめしますが、どうしても自力でチャレンジしたいという場合でも頭だけで分かることには限界がありますのでそのことを理解して、1日でも早く行動に移しましょう。

関連記事

  1. Amazonで売れる商品ページの作り方とは?【基本編】

  2. 中国輸入OEMのメリットとデメリット

  3. 中国輸入でかかる関税の計算方法

  4. バナー画像デザインの依頼時に必要なことは?

  5. 中国工場OEM・ODMで出来ることは?

  6. 中国輸入で代行業者を使うメリットとは

PAGE TOP