中国輸入

中国輸入でOEMをする方法【OEMとは?から丁寧に解説します】

中国輸入でよく目にするのが「OEM」というワードではないでしょうか。

OEMについてなんとなく知っているOEMは儲かりそうだけど難しそうという方も多いかと思います。

 

今回は「中国輸入でOEMをする方法」をOEMとは何か、から丁寧に解説していきます。

これからOEMを始めようと思っている皆さん、必見です。

 

 

そもそも「OEM」とは?

OEMは、オリジナル・エクイップメント・マニュファクチャリング(Original Equipment Manufacturing)の略語で直訳すると「自社の製品を製造する会社」という意味になります。

つまり製造メーカーが、他社ブランドの製品を製造するということです。

 

商品企画やサンプルチェックなどの作業を委託者側が行い、製造を受託者に行ってもらう事で自社生産をせずに製品が製造出来ます。

中国輸入のOEMでは、中国の工場に製造を委託しOEM化してオリジナル商品を製造します。

 

オリジナル商品と聞くと1から作成しなければいけないイメージですごく難しく感じてしまうかもしれませんが、1から商品を開発するのではなく、もともとの商品に自社ブランドのロゴを入れたり参考商品を改善したりしてOEMする事で
相乗りされずに独占して販売が可能なのです。

 

中国輸入でOEMをする方法

中国輸入でOEMする方法がいくつかありますのでご紹介していきます。

  1. 中国輸入製品にロゴやタグをつけてOEMする方法
  2. 中国輸入製品に日本語説明書をつけてOEMする方法
  3. 中国輸入製品をセット化してOEMする方法
  4. 中国輸入製品に専門知識を生かしてOEMする方法
  5. 中国の工場に委託してOEM(オリジナル)製品を制作する方法

中国輸入製品にロゴやタグをつけてOEMする方法

皆さんその商品がどこの会社の商品か、すぐに分かるのはブランド名のついている商品やタグでは無いでしょうか。

中国から輸入した製品も、自社ブランドのロゴやタグをつける事でオリジナル商品として販売出来ます。

 

ロゴの印字の場合は工場に頼んで印字してもらう事になりますが、非常に安く簡単に作る事が出来ます。

ロゴやタグを付けるだけで中国輸入製品でもあっという間にOEM商品として販売出来るのです。

 

中国輸入製品に日本語説明書をつけてOEMする方法

中国輸入製品に日本語の説明書をつけてOEM商品として販売する事が出来ます。

 

中国から輸入した商品にはもちろん、日本語の説明書はついていません。

ほとんどは中国語か英語の説明書です。

ですので「日本語説明書付き」とする事で、購入者にとっても買いやすくなり売上が一気に上がります。

 

しかしこの方法はOEMとは厳密には違います。

説明書はあくまでもその商品の付属品だからです。

説明書だけをつけたのでは、ただのおまけになってしまいます。

 

なので先ほど説明したロゴやタグを製品につける上でさらに、日本語の説明書を付け加える。

これでOEM化がしっかりとでき、売上やレビューもアップ出来るのです。

 

中国輸入製品をセット化してOEMする方法

中国輸入製品複数をセットにして、オリジナル商品として販売する方法です。

しかしこの方法も既存の商品をただ、セット化しただけではOEM商品とは言えません。

 

ですがセット化されている商品と同じ商品を探すのは非常に大変なので、相乗り防止対策にはなります。

例えば「3点セット」とかかれた商品にも、「オリジナル〇〇付き」といったようにオリジナルのおまけをつけて販売し
相乗りを防いでいる方もいます。

セット化だけではOEMとは言えませんがセットの中にOEM商品を含んで販売する方法はかなり使われています。

セット化というよりはオリジナル製品のおまけを付けるといった感じですね。

 

中国輸入製品に専門知識を生かしてOEMする方法

ここまでは今まで紹介したOEMの方法ならば、少し手を加えるだけで誰でも簡単に出来てしまいますね。

さらにレベルアップする為には専門知識を生かしてOEMする方法がオススメです。

 

より専門的な商品は知識がなければ、詳しく商品説明を書く事が出来ません。

そこを狙って、専門的知識を生かした他の人には真似ができないような中国輸入のOEM製品を作るという訳です。

 

中国の工場に委託してOEM(オリジナル)製品を制作する方法

最後は中国の工場に委託して、完全オリジナル製品を製作してしまう方法です。

これこそOEM商品といえる方法ですが、初心者の方がいきなりやるのには費用面でも非常にハードルが高いです。

 

しかし商品が大ヒットすれば多くの販売先で売る事ができ利益も大幅にアップして会社として成長が出来ますね。

 

最後に

中国輸入でOEMをする方法について、OEMとな何かから丁寧に解説しました。

中国輸入で、と書きましたが実際にはどの地域でもOEMのやり方は同じです。

 

またこの他にもOEMの方法は様々で、難易度や費用もまた違ってきます。

OEM代行を使う事も有効ですが、まずは自分でOEMについてしっかり学んでおきましょう。

 

中国輸入で生き残っていく為にはOEM開発が必須です。

 

関連記事

  1. 【中国輸入】日本への発送はいくらかかる?代行は必要?

  2. 中国輸入で使える画像加工ソフト6選まとめ【無料から有料のものまでご紹介…

  3. 中国輸入ビジネスは副業でも稼げる【おすすめしたい理由10個】

  4. 中国輸入のメルカリ転売で稼ぐ方法【やり方やメリットを解説します】

  5. 中国輸入(OEM)代行会社を選ぶポイント【OEM代行で出来ること】

  6. 中国輸入のコンサルを選ぶポイント【そもそもコンサルは受けるべき?】

PAGE TOP